文章コンプレックス

私は文章における劣等コンプレックス持ちです。

文章を書く楽しさを見い出せたのは小学校の高学年になってから。担任の先生がよく誉めてくれるので、文章を書くことってこんなに面白いことなんだと知りました。

中学校の国語の先生は更に誉めてくれる人で、国語の時間は他の生徒の倍の原稿用紙を使って夢中になって文章を書いていました。

それほど文章を書くことが楽しいのに、いつも文章コンプレックスは姿を現すので、提出した作文が返却されたとき、帰ってすぐに丸めてゴミ箱に捨ててしまって、書いたことをどうにかして忘れようとしていました。

何かをことばにしては捨てる、の繰り返しは高校生になっても続きましたが、高校の国語の先生もとても誉めてくれる人で、相変わらず文章を書くのは楽しかったけれど、結局のところ文章を書くのが楽しい割には、大人になるまでに書いた文章は何ひとつ残っていないのです。

国語の成績で苦労したことはないけれど、文章コンプレックス。克服したいもののひとつです。

TO DOリストは何が最適か

毛布は宿敵です。くるまって眠っていると、あっという間に時間が経ってしまいます。あと5分が5分ではなくなってしまうので注意が必要です。

シーツの上に敷くものも、もふもふの物にしようか悩んでいますが、そんなことをしてしまってはますますベッドから出られなくなってしまうので我慢中です。

さて、今日は「TO DOリストは何が最適か」

iPhoneには「Due」というリマインダーと、タイマーがセットになったアプリを入れています。こんな感じです。

写真 13

10分延長、1時間延長、1日延長も1タッチですぐにできるので、結構気に入っています。過去分はログブックに入るので、以前のものを見返すこともできます。

ただし、アプリの場合、見なきゃわからない。今自分がどれくらい抱えているのかを把握できないのがちょっとつらいところです。

というわけで、最近はアプリと併用して、紙に書くことを実践しています。

A4のコピー用紙の表にTO DO、裏に電話メモ。しばらくはそれで問題なかったのですが、問題発生。メモのほうにしか書いてなくて、TO DOには書いてなかったので、すっかり頭から抜け落ちてる。メモは情報が多すぎて見落としてしまいました。

これじゃあ問題だなあ、ということで、次の案。コピー用紙を横向きにして、真ん中に縦1本線。左にMEMO、右にTO DO・・・これでどうだろう。

1日試してみましたが、大して電話の鳴らない日でしたので検証不可。

TO DOリストについてはまだまだ指向錯誤中です。年内までにバッチリはまるものが見つかればいいのですが・・・

 

 

書を捨てよ、町へ出よう

マウスが壊れました。左クリックが出来なくなったので昨日ヨドバシカメラに買いに行きました。不慣れなマウスでポチポチしております。

 

ついでにマグネットタイプのしおりも購入。

image25

さてわからないクリップ(わからないこと、疑問を書き溜めたクリップ)に書いていた内のひとつ、「ロングアイランドアイスティー」について。 ロングアイランドアイスティー:紅茶を一滴も使わずに見た目、味を紅茶に近づけた点が特徴のロングドリンク。ウォッカのほかにもジン、テキーラなど使用。1970年代にNY州東部のロングアイランドで誕生。飲みやすく、アルコールの強さ感じさせないが、実はかなり度数が強い。

ほうほう。飲んでみたいなあということで実際に飲んできました。 image24

 

実家の近所のバーにて。1杯目はダイキリ。2杯目にロングアイランドアイスティー。 感想・・・見た目は本当にアイスティー。気になる味は、うーんアイスティー?でも飲みやすかったです。度数が高いとは思えないくらいの。でも酔いは回りませんでした。1杯でやめておいて正解です。 次の朝、起きられるかなあなんて思っていましたがきちんと目が覚めました。

そんなこんなで、わからないクリップ活用中です。「書を捨てよ、町へ出よう」(寺山修司の本のタイトルですが)な一日でした。

軽トラキャパシティ

グッバイ、レーニン!という映画が好きなのですが、前の家から持ってきたDVDはドイツ語版で、英語字幕にすら辿りつけず、久々に観たいんだけどなあと思いながらもTSUTAYAまで行くのが面倒でなかなか行けそうにありません。

image23

2003年のドイツ映画です。東西ドイツ統合後に起こったお話。コメディ映画?です。

普段、自己啓発本の類は全くと言っていいほど読まないのですが、なぜか惹かれて「やめることからはじめなさい」千田琢哉(星海社新書)を買ってしまいました。

ざっくり言うと人生は短いんだからくだらないことをする暇があるんだったら自分のために時間を使いなさいということを書いてある本です。

できれば軽トラ1台で事足りる物の量で暮らしたい、と考えている私ですが(本と最近増えたフィギュアのお陰で少し部屋は雑然としてきました・・・)頭の中も同じなのかもしれない。

部屋の物のキャパが軽トラ1台と決めているのであれば、頭の中のキャパシティも決めてしまってもいいのかもしれない。

物と違って見えないからアウトプットして見える化させてしまえばいい。

何か、ひらめいた気がします。頭の簡略化、多分来年の目標になりそうです。

何に悩むか

新しい仲間が増えました。

image22

初音ミクちゃんです。パソコンの隣に置いて、うあああ可愛いなって眺めています。

冬が近付いたからなのか、何なのか、悩むことが増えました。専らの悩みは自分の「キャパシティ」について。

未だに自分のキャパシティが見つけられずにいて、もう容量を超えてしまっているよってなっているのに、訳がわかんなくなって、キャパオーバーになってしまって。物事をシンプルに考えられないようです。難しく考えてしまう癖が出てしまう。

それこそ、とある歌詞にもあるのですが「心を大事にし過ぎて、体はどうにかこうにかしてくれるだろうと甘えていた」状態で、心身ともにやられてしまっています。

マスターにも相談をして、あれこれと打開策を模索中です。

色々アドバイスをくれる人もいるのですが、デモデモダッテになってしまう自分がいて、それに苛立って、何だかうまくいかないのは北風のせいにしたい気分です。

とりあえず見える化・・・自分のキャパシティをきちんと把握するところから始めてみようと思います。

 

 

織物をつむぐ糸

早速模様替えをしました。大きい本棚を置くスペースが出来たので、あとは本棚を置くだけ・・・ですがやる気消沈。めざせ年内!です。

image20

それまで本はここに平積みです・・・

ここに本棚をどーんっと置きたいのです。そして本をがさーっと並べたいのです。これで心置きなく本が増やせるのです。

「英語の歴史」の次は、「日本語の歴史」山口仲美(岩波新書)です。

image21

ちなみに学生時代の日本語の授業のテキストでした。

印象的だったのが、「けれど、言葉そのものは、実に地味な存在。言葉によってつむぎ出された文学や思想は、人の注目を引きやすく、拍手喝采を浴びることもあります。それに比べて、文学や思想を生み出した言葉そのものが派手派手しく脚光を浴びたりすることはありません。言葉は、織物を作り出すための糸に過ぎません。

本の内容は、日本語という言葉を奈良時代から遡ってみる1冊です。まだ全部読んでないので、読んだら感想を書くことにします。

英語の歴史とセットにして読むと面白そうです。

しかし、最近日本語クイズが多いですね。注目されることはいいことです。

 

1日のスタートを有意義に

朝からマスターと模様替えの話やらなんやらで長電話してしまいました。早速模様替えしたいですが、冬の寒さにやられそうなのでとりあえず暖房をつけます。

今朝、喫茶店で「英語の歴史」を読んだ後、帰って、わからないことを書き留めたクリップを整理してみました。

image19

  • ロイヤルミルクティーの淹れ方
  • ロングアイランドアイスティー
  • ドラァグクイーン
  • ジンクス

とりあえず以上。ぼっちらぼっちら溜まってきています。

【ゑ】現代標準語の音韻。現代日本語では「え」と同じ。奈良時代にはweと発音されeとは区別されていた。昭和21年には表音式を基本とした「現代かなづかい」が公布され、現代の発音を反映した現代仮名遣いが採用され、歴史的仮名遣いにおける「ゑ」は全て「え」に書き換えられ一般にはつかわれなくなった。

【ドラァグクイーン】drag queenは男性が女性の姿で行うパフォーマンスの一種。起源は男性の同性愛者が性的指向の違いを超えるための手段として、ドレスやハイヒールなどの派手な衣装を身にまとい、厚化粧に大仰な態度をすることで、男性が理想像として求める「女性の性」を過剰に演出したことにあるといわれる。女性のパロディ。成語の初出は1941年。

ほーう。ふむふむ。残りの分はまだ調べていません。

またひとつ、ふたつ賢くなりました。朝からこんなことをしていると、何だか有意義に過ごせた気がして嬉しくなります。喫茶店も行けたので、ちょっと満足です。

さて、コーヒー2杯目を飲んでいい休日になるよう、洗濯と掃除と片付けをします。

 

英語のルーツを訪ねる旅

セブンイレブンでエヴァのティッシュを見かけました。今使っているコブクロデザインのティッシュが無くなったら、ぜひ使いたいのですが、まだまだティッシュが無くなりそうな気配はなく、キャンペーンが終わる前に買ってしまうべきか悩んでいます。

「人格障害かもしれない」磯部潮(光文社新書)と少し倦怠期に入ってしまったので、複数読み中で、「英語の歴史」寺澤盾(中公新書)を読んでいます。副題は「過去から未来への物語」タイトルそのまま英語の歴史についてです。

image18

使用者数が15億人といわれ、世界語・国際語となった英語がどのような歴史的背景をもつのか、そのルーツを訪ねる旅です。

英語の歴史は一般、古英語、中英語、近代英語の3つに分けられ、近代英語はさらに、初期近代英語、後期近代英語、現代英語に分けられます。

各時期に特徴があって、語彙に関しては古英語が借用語(別の言語からことばを借りたもの)は少なく、中英語はフランス語からの借用が増大し、近代・現代英語はラテン・ギリシア語からの借用、そして世界各国からの借用語があります。(日本語からの借用で、sumo、karaokeなんてのもありますもんね。)

色んな国の言語から類義語として借用するから英語には類義語が多いのです。

たとえば、英語本来語のask(たずねる)は、類義語にフランス語からquestionを借りたり、英語本来語のchoose(選ぶ)が類義語にラテン語からselectを借りたり。といった具合です。

ノルマン征服以降の大量のフランス語の流入や、ルネサンスの影響下でのラテン語からの借用の増大といった歴史的背景を持ち合わせているのがこれまた面白いなあと思いました。

英語嫌いのひとでも、歴史が好きなら面白く読めるかもしれません。

ただ、ドイツ語とかラテン語とかちょっと出てきます。

 

 

真夜中のりんごケーキ

そろそろ夏の間頑張ってくれたタワーファンをクローゼットにしまわないとなあなんて思いつつ11月ももう半ば。クローゼットには冬用の掛布団と毛布がまだ陣取っているため片づけられそうにもないので出しっぱなしです。今年中には片づけたいところです。

毎年12月は私にとって忙しい月なので、11月中にやれることをやっちゃおうなんて思いながらもゲームや本の誘惑に勝てない。ダメですね・・・

さてさて今日の深夜の話ですが。

眠れぬ深夜3時・・・

どうしても!アップルパイが食べたくなって悶絶しておりました。コンビニに行くか、寝て我慢するか。しかし諦められない。冷蔵庫をガサゴソ・・・頂き物のりんごがある、ということでそれっぽい物を作りました。

しかしパイシートがない為、りんごケーキでいいや。ってことでこれ。

写真17

アップルパイの中身と底に、膨らまなかったカップケーキ・・・(分量間違えた)りんごとバターと、シナモンシュガーと砂糖を電子レンジでチンしただけです。結果、意外と美味しい!

今朝はりんごと、これまた頂き物のさつまいもバージョンを作って朝食にしました。ちょこっと蜂蜜をかけましたがさつまいもも美味しい。(ちなみに冷蔵庫の頂き物シリーズは他に茄子とかトマトとか・・・)何やかんやで頂き物のお陰で助かってます。結構ズボラな食生活です。

まず炊飯器が無いのでごはんがない。主食はレトルトのごはんか、パスタです。炊飯器を置く場所がないんですよね・・・だから置かない。レンジでお米を炊くものがあるらしいですが購入に至らず。

来年こそはもう少しきちんとした食生活を送れたらいいなって少し思います。

 

 

僕らは今のなかで

最近、聴く音楽は専らBob Dylanでしたが、ラブライブ!の「僕らは今のなかで」にハマってしまいそうです。アニメも観てみようかな・・・いい曲です。その昔はアイドルマスターの高槻やよいちゃんが好きでした。PSPでやよいちゃんを愛でていたら母に呆れられたのも良い想い出です。

さて、今日は今はもうない「日本語文章能力検定」略して文検について。ちなみに私は3級を高校生のときに取りました。

文検では、以下にかかわる問題を出題しています。

  • 文学作品ではなく、現実に目的をもった文章の内容を確実に読みとる。
  • 事実を客観的に把握し、表現する。
  • 文章を構築する文や段落の、文章内部での役割を確実に把握する。
  • 自分の知識や経験を生かして思考する。
  • 意見を効果的に述べる技術を習得する。
  • 通信文を、その目的に応じて的確に書く。
  • 明快で正しい文・文章表現を行う。
  • 語彙、文法、表現に関する確実な知識を身につける。

出題形式は選択形式だけでなく、実際に文章を書く形式もあります。3級過去問を引用するとこんな感じです。

問題:次の文章は、長くて意味のとりにくい一つの分でできています。わかりやすくなるようにいくつかの短い文で構成して、答案用紙の解答欄に書き直しなさい。後の条件を必ず守ること。

近年、近隣の温泉街の発展とともに阿寒湖の水質が悪化したことによって、マリモの生息数が減少したために、ほかの地域のマリモに比べると、大量に生息し、しかもビロード状の美しい丸い形になっていることから、1952年に国の天然記念物に指定された阿寒湖のマリモは、現在では環境省が発行しているレッドデータブックで、絶滅が心配される種に指定されている。

条件

  1. 必ず三文以上五文以内で構成する。
  2. 書き直した文章の中での文の順序は、もとのものと変わってもよい。
  3. 書き直した文章の意味(内容)が、もとの文章の意味(内容)と変わらないようにする。

長い文章を短く区切る問題です。もしもまだ検定が続いていればさらに上も目指したかったです。でも、文検が日常に生きているかと言えば・・・クエスチョンマークが浮かびますが・・・

でも取ってよかったです。それなりに使う場面はあります。