パソコンもタッチ操作が標準に

Windows8の発売以来、電気店の店頭などではなかなか面白い現象が起こっています。

店員さんがすでに、目の前で売っているPCがタッチ操作できるものなのかそうでないのか把握できてなくて、実際に画面をタッチして動かないのを確かめたりしてる(笑)

そんなくらい、すでにタッチでの操作が当たり前ような画面構成になっていて急激にAndroidのようなタブレット端末を追いかけている様子。

たぶん…そう遠くない将来にはキーボードやマウスを使って操作するなんてのは一部の専門家だけになって、一般家庭ではタッチ操作のみというのがスタンダードになることでしょう。

でも今現在をみてみると、まだまだデスクトップのPCにタッチ非対応のモニタ。タッチ操作を前面に押し出してきてるWindows8を入れてみてもタッチできないもどかしさを感じてしまうのみ…

が、しかしようやく、モニターに後付けでタッチパネル機能を追加するってなモジュールが数千円で発売されてきた様子。

代表的なサイズの21.5型や23型に対応するみたいですが、これで大半の市販のモニターはカバーできることになりますね。
タッチパネル内蔵モニタが安価で出回るまでは、こういった後付のタッチパネルが幅をきかせる時期もあるのやもしれません。

ひとつ買ってみたいなあ(^^;

フリクションボール替え芯

早速、買い出しにいってきました。フリクションボールの替え芯。
替え芯を探していてはじめて気づいたのですが、やはりフリクションはインクの消耗が激しい のかインクもかなり太めに作られてる感じです。
ところが、いま使っている3色タイプは普通の油性ボールペンと同じような太さの替え芯。
ひょっとすると普通 のボールペンの替え芯でも入ってしまうのではないかというボディサイズ。

だから、あっという間にインクを使いきったのかもしれませんね。

消 耗するのはやはり圧倒的に黒インクが多いだろうとまとめ買いしておくつもりだったのですが、なんと訪れた店には3色セットの替え芯しかない(笑)やむを得 ず買ってきましたが…ラインアップとして無いのかなと調べてみるとありました、単色3本セット。黒インク3本セット(品番:LFBTRF30EF3-B、 -R、-L)でも定価315円らしいです。

赤や青のストックばかり増やしても困るのでやはり黒インクだけの3本セットを早めに発注しといたほうが良さそうですね。

 

フリクションのインクが切れた

漢検対策をきっかけに、試験勉強用にと使い始めたフリクションですが…ついさっきノートに書き書きしていたら微妙にかすれ気味に。
もしや!と思いキャップを開けてみてみると、インクが切れそうになってた。

たしかにあのインクってすごく減るの早そうだけど、まさか使い始めて1ヶ月程度でインクを使い切ってしまうとは…どんなけ字を書いたんだろうと我ながら呆れるくらい(笑)

鉛筆ともボールペンとも違う書きごこちで、なおかつ消したくなったら消せるという魅力も、使ってみるまではどうとも思わなかったけども、いざ使ってみているとなかなかに便利。

決して宛名書きには使えないし、長期保存するような書き物にも使うべきではない種類のペンだけど、短期で覚え込むことの多い試験勉強用なんかには実は最適なアイテムなのかもしれないですね(^^)

さて、とりあえず急いで黒の換えインクを買ってこなくては…

掃除機の掃除

もうかれこれ10年近く我が家で働いてもらってる掃除機くん。
気がつくと、ヘッドのところにある回転ブラシがぜんぜん回っていない。いつからだろう。

ネジを外して中身を見てみると、回転用モーターなんかの周囲をびっしりと埋め尽くす感じでフェルト状のものが…

一瞬、見事なはまりようだったので防音やフィルタの役割をしている部品かなと思ったのですが…いやいやそんなはずはない(笑)こんな隙間にもちゃんとホコリはたまるものなんですね(^^;

少しずつフェルト状のものをほじくり出しながら掃除機で吸っていくと…中から簡単な回路基板が出てきました(笑)

そう、回転ブラシを動かすためのスイッチの役割をしているであろう回路基板です。

どうやら、ブラシが回転しなくなった原因はこの基板の周囲につまったホコリのようで、取り除くと接点が見えるようになりました(^^) それにしてもさすがと思ったのは、長く使われる前提の家電って構造が安全に設計されてて、たとえホコリまみれになってもショートして発火したりしないように構造が工夫されていたこと。

このあたりの作り方は設計ノウハウの塊だなあと感心したものです。

Lightning-microUSBコネクタ

Lightning-microUSBコネクタ…ない。
量販店にはすでに、一時期は見かけることのできたLightning-USBケーブルすら品切れで、順調にiPhone5本体が出回ってきたのだろうと予想される売れっぷり。

ひょっとしてアップルストアにはあるかも、と、微妙な期待を胸にして出向いてみたものの、やはり存在しない。

オンラインで注文したとしても送料はかからないっぽいので、1週間くらい待つつもりでオーダーしておいた方がよいのかもしれないが、できることなら現物をみて買いたい主義。(オンラインを毛嫌いしてるわけじゃないが、避ける傾向にはあるな)

なんとか、いまのところは本体添付のケーブル1本で済ませているものの、いままでの2本体制と比較してなんとなく使い勝手がわるいし、予備バッテリーも使えないという心細さも手伝って、早く入手したいものである。
※それにしても、ケーブルや変換コネクタの単価が2千円近くって、ちょとなんだかなぁです。

来年度から小中で土曜日授業化

大阪市立の小中学校が、来年度から全校で土曜日の授業も始めるのだとか。
もっとも、毎週となると教職員の休みが確保できないので隔週くらいの扱いになるらしい。

今のところ聞こえてきている情報では、通常の授業のコマを土曜日にあてがうという話しではなくて、どちらかというと教科以外の学習にあてるっぽい。

どういうスタイルになっていくのはまだ全然わからないですが、地域で臨時講師なんかを募集していたらぜひ参加したいものだ(^^)

知人もずいぶん昔に臨時の講師として地域の学校でセミナーっぽいことをやっていたらしいが、そういう機会があればぜひ、たとえばネットセキュリティなんかで1時間でもいいから語らせてもらいたいもんだわ。

セキュリティについてごくごく基礎的な事柄すら教育を受ける機会を与えられず、無法地帯を丸裸で歩いているような人が多すぎると思うんだけど、そういった自覚すらないままの人が、大人にも子供にも非常に多い気がするからなのだけれど…

たかだか30分で基礎的な事を伝えるだけでも充分な効果があるものなので、こういった機会をもっと広くの方々に講習する機会が得られるなら、たとえノーギャラでもいいからどんどん喋らせてもらいたいものです。

そういった点で、ぜひ小学校や中学校での授業の機会がほしいなあ。

LTEがこんなとこでも!

さて、ある意味 気の迷いで機種変してしまったiPhone5。
まだテザリングすら解禁されていないし、そもそもまだまだLTEの恩恵に預かる日は遠いものとすっかり思い込んでいたのだけれど…

意外や意外、 アチコチ、僕の立ち寄り先ではすでにLTEが使えるようになってるじゃあありませんか。もちろん自宅でも。 さすがに奥まったところにいくと3Gに切り替わってしまいますが、それでも途切れるということはなく安心していられる。

肝心のスピードは?というと、これはiPhone本体の処理能力が向上したからという側面が大きいとは思うのだけど、それでもなにか、通信で待たされているという感覚はきわめて少なく、やはりLTEのスピードを体感しているのかもしれないなーと感じる。

つか、当面は、LTEなんてどうせ当面首都圏だけでしょー使えるの、なんて思ってただけに、自分ちのような田舎で電波が入るのはとってもビックリしたのでありました(^^)

税務署からの贈り物

今年も分厚い郵便物が贈られてきましたよ、所管の税務署から(^^;

年末調整に関わる書類一式なんですが、サラリーマン当時はせいぜい1~2枚にチェック入れる程度で楽チン(いや、当時はそれでもめんどくさいと思ってたが)だったのですが、さすがにそんなわけにもいかず、沢山書いて集計しとかねばなりません。

これが届くと「あぁ、今年もまた年末年始のバタバタの中、書類をきっちり書かないといけないんだなー」と、なかばげんなりとしてしまいます(^^;

目に優しいことを

最近、徐々にその言葉をよく耳にするようになってきた「ブルーライト」

JINSなどがPC用メガネとして売り出す際に大々的に広報したのがきっかけで認知度がイッキに上がったのかもしれません。

いまや、スマートフォンやタブレット、ノートPCのみならず、デスクトップPC用の20型以上のモニターにまで表面に貼り付けるタイプのブルーライトカットフィルムが市販されています。

ちなみにお値段はというと、
例えばiPhone用の通常の保護フィルムが500円だとすると、ブルーライトカットのものは1,300円程度。
7型クラスのタブレット用で通常の保護フィルムが800円くらいだとすると、ブルーライトカットのものは3,000円程度

もともとデスクトップPC用モニターは持ち運びをしない前提なので比較する対象に乏しいのですが(飛散防止フィルムというカテゴリはあるものの)かなり割高なお値段になってる様子で…

たしかに、いちいちブルーライトカットのコーティングがなされたメガネをかけるよりも確実にそのカット効果を得られるし、そもそも普段からメガネをかけてる人には、わざわざJINS PCなどのメガネにかけかえるという手間も不要で手っ取り早いのかもしれません。

が、しかし、そもそもバックライト側でブルーライト成分をある程度カットして発光させればよいだけの話しだし、そもそもバックライト内には多数のフィルタが仕込まれているはずなのに、なぜディスプレイメーカー側が対応してくれないんでしょうね(^^;

ひとつは「コスト」っていう側面がもちろんあるんでしょうけど、もうひとつって、ひょっとしてこういうニッチな市場と結託してんじゃないかな?なんてかんぐってしまいますよね(^^)

でも、
当面はそんな事を考えるよりも、自分たちの目に優しい工夫をしないといけませんから…やはりカットフィルムは当面の必需品なのかもしれません。

ケータイメールは難しい

日常業務の中でも、いち早くサポートシステムを構築したメール送信の仕組みですが、いつの間にやら不具合が露見していた様子で…

他のキャリアでは大丈夫だったものの、ドコモ宛の送信メールだけが文字化けしてしまうという不具合が出ていた様子。 いったいいつから?!と思うとぞっとするのですが、不定期にバージョンアップしてる中でいつの間にやら不具合が紛れ込んでしまったのでしょうね。

とりあえず、指摘を受けた昨晩のうちに修正しておきましたが、やはり急なバグフィックスというのはすっごく疲れます(^^;

それにしても…他のキャリアではまったく問題なかったから油断してたというのはこちらの落ち度ですけど…なんでドコモさんだけそんな仕様なの?!と愚痴の一言もこぼせる相手がいればなぁとつくづく…