LINE等の良さったら

ユーザー数が1億人を超えたとかで、ある意味スマホ時代のスタンダード化しているアプリであるのは否定しようがないLINE。
同種のものでは「カカオトーク」や「comm」なんてのもありますが、実際のユーザー数としては「LINE」と「カカオ」が圧倒的だと思われます。

登録そのものにSMSによる認証が必要だから、とか、端末のなかの電話帳データをアップする仕組みだから、とかいう点が心理的なハードルになって利用していないという人もいるのは確か。

かくいう私自身もその点がどうも抵抗感が強かったので、あえてその手のデータが入っていない端末を準備して使い始めたのですが(^^;

使い始めるまでは「ただのチャットアプリ」だし、メッセージのやり取りなんかメールで充分だし、通話したけりゃ電話するし、そもそも昔から使っている「Skype」もあるし、必要性がわかんないな…と思っていたのですが。

いざ使ってみると、メールとは違った距離感みたいなものがあって具体的には「相手が近い」ように感じるんですよ。
メールだと「挨拶から始まって、内容があって、結び」みたいな構成になりますが、LINEだと「これわかる?」と、内容だけポンッと、それこそ隣に座ってる友達に話しかける感覚。

メッセージを伝えたいと思ったときにすぐ気軽に送信したり返信したりできる抵抗感の低さと、相手に届いたかどうか「既読」と表示されることによる安心感。

それに、新たに友達をリスト追加する場合でも、電話番号やメアドを渡す必要がなくって独自のIDを知らせてあげるだけで良いという気軽さもありますしね。

それぞれの機能はいろんなアプリが同様の機能を実現しているので、べつに目新しいというものも無いのですけれど…でもそれらが揃っていることで気軽なメッセージングができるというのが、友達との距離感を近くするという意味で有効に機能しているんじゃないかなーと私は思います。

ひさびさにVAIO Pにて

もう最近すっかりタブレットに慣れてしまって、ついついノートパソコンだというのに画面を無駄に押してしまっては「あ、タッチパネルじゃなかった」と小さな後悔をする日常なのですが…

ようやくECLIPSEもAndroid SDKもインストールし、さあこれでどこでも開発環境~♪なんて思ってたんですが、ふとネットにつなごうとするとルーター代わりのHTC Jにつながってくれない。
もともとどうも無線LANで使っていると時々かってに切れては接続しなおしてたりする癖があったので、てっきりPC側の問題だろうとあれこれ試してみてたんですが、いっこうに解決せず。
別に開発環境ならネットにつながってなくってもなんら問題ないんですが、やはりつなげないとなるとなんとなくスッキリしない。
なので今日1日というリミットを自分の中で設定していざトラブルシュート。
しかし・・・VMware関連を無効化しようが、WPA2からWPAに変更しようがまるっきり改善しない。しかもBLUETOOTHテザリングすらなぜか使えない(笑)
でも、ふと原因はもっと別のところにあるんじゃないか?とHTC Jの側の設定を見てみると「ユーザーを管理」なんて画面があるじゃあないですか。その中に最大接続数の設定が・・・ちなみに購入当初には一応みていた画面なのですが、デフォルトなのか自分で設定を変えたのか、最大数が2になってる。
出先で作業中の装備をじっくりと思い返してみると、NEXUS7・iPhone5・3DS LL・VAIO Pと、すでに4台(笑)なるほど、そりゃつながらないわ。
というわけで最大接続数の設定を5に変えてみるとうそのようにアッサリと「接続しました」。
なんとも難しく考えすぎだったトラブルなのでした~

グラフィックボードが不安定

Windos7で利用しているPCの1台が、どうも最近調子がわるい。

なにやらグラフィック周りでトラブルを抱えている感じ。
ドライバの更新などを実行すると余計にひどくなってしまったので元にもどし、できるかぎり負担をかけないようにしながら「そのまま我慢して」使い続けているのですが(^^;
そろそろグラフィックボードの寿命かなと、買い替えまで検討している最中です。
いまはnVIDIAなので、差し替えるならドライバも一新できるRADEONにしようかなと考えているのですが(なにせ拘りがないもので)、最近はWindows8の高速起動に対応したもの、ってのが登場してきてるんですね。
すっかり疎くなってしまってます(笑)
UEFI準拠のグラフィックボードならWindows8が数秒で起動させられるんだとか…ちょっと魅力かも。
でもそういう製品に限って高かったりするから、結局は値段がこなれるまでは導入しないというのがウチの基本方針だったりするので…実際に試すことができるのは1~2年先になりそうな予感。
ということは、それまで調子が悪いままのPCで頑張らないといけないのだろうか(^^;

PS4発表

いよいよ来たか、っていう印象ですね。

現行のPS3ったらもう7年も続いてたんですね、なんだかいまだにこのハードウェアを使いきったタイトルなんて見た覚えがない気がするんですが(^^;

我が家でも、ゲーム機として子供に使われるのと同時にハードディスクレコーダー代わりとしてもすごく活躍してくれているので、まだまだ充分にいけるじゃないか、という印象。

むしろ、PS4が成功できる要因があるのか?といえば、良く聞くようなハードウェア構成になった程度。
はたしてそれだけで、有望なタイトルが出揃ってくれるのか?といえば、それはソニーさんの費用的な応援しだいというところなんでしょうね。

さて…年末商戦には…ということらしいですが、いったい価格はいくらくらいになるんでしょう?私はさほどゲーム好きというわけではないのですが、それでもやはり気になるところです(^^)

水性ペンで宛名を書く人が多い

うちには連日、けっこうな数の郵便物等々が届くわけなのですが、最近の風潮なのかけっこうな割合で水性ボールペンで宛名を記入してこられる方が多いようで…

天気の良い日にはまったく問題ないのですが、雨の日に少しでも雨つぶに当たるとその部分のインクが流れてしまっていて、読めないだけならまだしも他の郵便物にまでインクが移っていたり…
まあ、それでも個人で出される方は、昨今では郵便物なんて出すこと自体が少ないのだから仕方ないにしても、会社として出してこられる方が水性ペンってのはどうよ?!と思う(^^;
※郵送途中であて先も差出人も読めなくなったら完全に行方不明の郵便物になってしまいます(^^;
一度、おせっかいとは思いつつも、大手の営業担当者さんにその点を注意したことはあるけど…新入社員時代にしっかり教わらないものかねえ。
もっとも…先日は某店舗で、契約書類に記入している最中に違和感を感じ、よくよく手元に渡されたペンを見たら「フリクション」だったってな事もあったので、それに比べたらはるかにましだが(^^;
※複写用紙だったが さすがにペンをかえてもらった。
※「フリクションじゃ消えてまうで」と言ってもあまりピンと来てない様子だったのが余計に怖かったが(^^;

Androidがルーターを詰まらせる

まだ確証があるわけじゃないです。

ひょっとしたらただの濡れ衣を着せているだけかもしれないです。
でも、うちではかなりの頻度で、そう思われる挙動を示す現象が現れています。
一般的なAndroidスマホ(HTC J)やタブレット(ソニータブレットS)を利用しているときに、その事象は発生している様子で、それ以外のタイミングではあまり疑わしき事象は発生していません。
ルーターは、Buffaloの無線LANルーター(G301、600DHP)をAPモードに固定して使っているんですが、2機種ともに同様の現象が発生しています。
特に600DHPに関しては5GHz帯を使っていても2.4GHz帯を使っていても同様なので無線には関係なくもっと前段階の問題であろうことが予想されます。
※600DHPはしかし他の問題も隠れてそうですが(^^;
ただ…その前段階となると、CTUのルーティング機能あたりまで怪しいということになってしまうので問題の切り分けが難儀ですが(^^;
その事象が発生すると、無線LANルーターに有線でつながっている側のPCの通信もとまってしまいます。
で、とまったなーと思ったら稼動しているAndroid端末の設定でAPから強制的に切り離してやると・・・何事もなかったかのように動き出すんですよね。
これが、Androidが疑わしいと思う理由なんですが。
同じネットワーク下にいるiPhone4や4Sや5ではそのような現象は起こっておらず、かたやソニータブレットSだけの時も、HTC Jを追加したときもそれぞれ発生しているのでこれはAndroidそのものに何らかのトリガーがありそうなのですが…
さて、同じような現象に悩まれている方はおられるでしょうか?

UFJのオンラインサービス

いつも使っている銀行のオンラインサービスなんですけど、個人向けに関しては利用料が無料なんですよね、わりと早い段階から。

ところが、法人向けに関しては月額2100円の手数料を取られていて、しかも振込み手数料も個人向けよりはるかにお高いという「なんだかなあー」なサービスしか実質的に選ぶことができなかったんです。

これが唯一の不満で、でも個人顧客からこちらへの振込み手数料が無料になる(オンラインに限るが)という点が大きなメリットだろうと考えて、ずーっと我慢して使い続けていたわけなんです。

この法人向けの有料オンラインサービスはかなり大規模な取引を前提に運用されている様子で、電子証明書の1年毎の更新発行や専用カードの発送など、はっきりいってちょっと過剰サービスだなと思う部分も多々あったのですが・・・

そういう声が多かったのか、ようやくこの春からBizSTATION Lightという、法人向けでも手数料無料で使えるサービスが開始されるようになったみたいです。

まだサービス内容の具体的詳細までは公表されていませんが、これで年間25200円の基本料金分もコストカットできますし、他社さんとしても利用しやすくなるでしょうから、1顧客としてもメリットが増えてくるわけで、とてもありがたいお話しです(^^)

Windows8で便利かな?

ごくごく最近のタッチパネル搭載PCを買った人はいざしらず、それ以前のPCからWindows8にアップグレードを考えたときに、一番ネックになるのがタッチ操作。

もちろん、デスクトップ型PCのモニターに貼り付けるタイプのタッチパネルもそこそこ安価で発売されていますが、やっぱり手間は手間。

とは家、従来のマウスだけではどうもWindows8のあのタッチ操作を前提としたインターフェイスは使いづらそう。

という向きに最適?かもしれないデバイスがありますね。

マウスでおなじみのロジクール社製、タッチマウス(t400、t620)とタッチパッド(t650)。

ワイヤレスマウスとしてはまあまあ標準的な価格(5千円前後)でなおかつ、マウス表面がタッチ操作に対応しているというヒューマンデバイス。

タッチパッドの側は優秀で、充電式かつ4本指ジェスチャまでに対応しているので、おなじみのズームイン・アウト操作までお手の物。

タッチマウスの側は2本指までの操作には対応しているものの、ズーム操作には対応していないっぽいのがちょっと残念なところかな。
でも画面スクロールの操作に関してはどれも手軽に扱えて、これからの標準的な形になっていくであろう予感を感じさせます。

意外にもLTEのエリアが

みるみるうちにエリアが充実してきたおかげで、私の普段の行動範囲と自宅内はすっかりLTEエリアに。

iPhone5に変える前はさすがに3G回線よりもWi-Fiに繋いだ方が早かったので、とにかく電波があるならWi-Fiに、という考え方をしてたのですが…

ここにきてLTEで常に繋がっていると、恥ずかしながら自宅のWi-Fiに繋ぐよりもLTEの方が快適だったりするもので、ついついWi-Fiをオフ設定にしてしまうことが増えたような気が(^^;;

もちろん重たいデータを流すならWi-Fiの方が有利ですけど、私のようにチラッとしか回線を使わない人間にはむしろ…Wi-Fiが不要になってきたりするのかなあと、考えなくもないこの頃なのでした。

春節2013

あ~、バレンタインとかいう難儀なイベントがそろそろ近づいてきたなぁ~とか思ってしまう2月のこの時期(笑)

日が変わって10日になったなーと思った瞬間にメッセージが飛んできた。 「あらためてあけましておめでとー」と(^^)

そう、察しの良い方はすぐにわかりますよね。中国では旧正月である春節の時期なんです。
正確には現地との時差は1時間ほどあるわけなんですが、わざわざその時差の分まで見込んで早めにこちらにメッセージを飛ばしてきてくれるとは、なんと気の利く子なんだか(^^)

私はすっかり仕事に追い回される日々でなんとなく中国語の勉強をさぼりがちですが、その子はめきめきと日本語を覚えてきている様子で、しっかりと社会人1年生として仕事で苦労しながらも 日本のとある学校への進学を視野に入れて頑張っていてくれてます。

あいかわらず政府間は怪しげな空気が流れてしまっていますが、せめて頑張って勉強している子たちの邪魔にだけはならないように頑張っていただきたいものです。