大阪・堺市 桜珈琲 泉北店

どうもこの時期は通常業務に加えて書類を書く機会がどんと増える。

書類を書くのには広いテーブルと暖かい席があったほうが集中できるはず、と、適当な理由をつけ、たまってた書類の束を抱え持っていざ桜珈琲 泉北店まで脱走。

このチェーン店はどこも絶妙なタイミングで店員さんが扉をあけて招き入れてくれる。たぶん駐車場に車をとめた時点から入り口付近でスタンバイしてるんだろなぁ^_^

ところでこの泉北店も全席禁煙らしい。実質吸えるのは鳳本店くらいなのかな。吸わないからむしろ良いけど。

夏ごろから始めた桜珈琲めぐりも残すところ和歌山店くらいかな?見落としているらお店があったらごめんなさい。

泉北店での滞在時間はそれほどでもなかったはずだけど、雰囲気が良いお店だからかかなり仕事が片付いて嬉しい^_^

しかし、いいかげん仕事が溜まるごとに毎回脱走してお茶していてはお茶代がかさんでしまうので、むしろ自分で茶店でもしたほうが良いのかなぁ。


XperiaZ5からZenfone5(2018)へ機種変更

ここ3年ほどソフトバンク仕様のXperiaZ5を使っていたのですが、これがなかなか曲者
ソニー純正のBluetoothヘッドセットをペアにしてあるにもかかわらずブチブチと接続が切れまくる。
使っていないときに切れてくれる分には別段どうとも思わないのだけれど、通話呼び出しの時にまともに取れないことが日常茶飯事。
さらにここのところ1日1回はかってに再起動がかかるという状態になってしまって、まともにキャリアメールも受信できなかったり様々な不具合を出していてストレスフルな端末だった。
そもそもスペック重視で実用無視であることは使い始めた当初からうすうす気づいていたのだけれど、例えばご自慢の高解像度カメラでの動画撮影なんて夏場だと数分で本体が発熱して自動停止するので使い物にならなかったし、Androidのアップグレードもソフバンからは早々に切り捨てられてしまっていて同じZ5でもドコモ仕様やau仕様のものとは全く違った雑な扱いを受けていたし、弄り倒して遊ぼうにもルート化の道は塞がれていて楽しめなかったし(苦笑)
(静止画の撮影ははさすがに綺麗だったから余計に惜しい)
そんな端末でも、安定動作さえしてくれていれば通話が主な用途なので特に不便を感じなかったであろうけれど、それがいよいよ通話にまで不具合を出し始めたので運用で乗り切るのを諦めてしまった。まったく不本意だ。
というわけで、通信回線として契約しているmineoさんでZenfone5(ZE620KL)の取り扱いもあったので、カラーの選択肢が少なく多少迷ったもののえいやと発注。オンラインで申し込んでから3日目の午前中には手元に届いていた。
さすがに3年の月日がたっていると同じAndroid端末とは思えないほどサクサクと動く。顔認証も指紋認証も引っかかりを感じさせることなくスムーズだ。むしろ顔認証がスムーズすぎてロック画面の通知がまったく読めないのは逆に困ったものだが。
初期設定はZ5と背面同士をあわせてやることでNFC経由で勝手に通信をしてある程度の情報引き継ぎは勝手にしてくれた。
電話帳データについては一旦Z5でエクスポートしてvcfファイルを端末内に置き、AndroidビームをつかってvcfファイルをZenfone5側に転送してやればあとはインポート操作だけであっという間に済んでしまう。案外楽なもんだ。
LINEについては引き継ぎの手順があちこちのサイトに出ているが、まずはZ5でトーク内容をGoogleアカウントにバックアップして引き継ぎ設定をオンにしてあげれば(もちろんメールアカウントとパスワードの設定は事前に必要だが)、あとはZenfone5側にインストールしたLINEアプリでログインしてトーク情報を復元操作するだけで簡単に元どおり。
このあたりは我ながらずいぶんと手慣れてきたもんだ。
Zenfone5を使ってみて意外だったのは、
通話録音の機能が標準で備わっていること。常時勝手に録音してもらうように設定しておくと後から聞き直しができてありがたい。
反面、留守番電話の機能が見当たらない。見つけられていないだけかもしれないがとにかくあるのかどうかすらわからない。
ネットワーク側が勝手に応答してくれるから無くても良いのかもしれないが。
ツインアプリとして、1つの端末でLINEやFacebook、Instagramやツイッターなどのアプリを複数使うことができるというのも需要がけっこうあるのかも。
内部的にどういうアプリ名で扱われているのかよくわからないが、アプリの通知をそれぞれ別に設定することはできるらしい。
値段が抑え気味でもちろんスペックも抑え気味だけどなかなか実用性を重視している印象は受けるなあ。

紅葉の北野天満宮へ

先日、ちょっとした用件のために珍しく車で京都に入り、しかも凡ミスで出直さないといけないのが目的地到着前に確定してしまい、そのままとんぼ返りというのももったいなかったので北野天満宮のもみじ苑へ。
紅葉の時期ということで夜間だったら綺麗にライトアップされていたのでしょうけれど、そこまで粘るほどの手持ち時間はなかったのでまだ空が明るいうちに見物に。
訪れた時にはまだちょっと時期が早かったかなという印象で何年か前に見たような一面真っ赤という景色にはあたりませんでしたが、熱心に撮影されている方々を眺めながらゆっくりとお茶をすすって頭の中をリセットしておりました。
できることならば、こんな動きやすい時期に朝から晩まで休みをとって京都中をぶらぶらと撮り歩きしたいところなのですが、なかなか夢叶わずちょっとした隙間時間に訪れる程度。でもまあそういう叶えられそうで叶えにくい目標を持ち続けながらジタバタするからこそ貴重に思えて良いものなのかもしれませんね。

紅葉の高野山へ

9月、10月と運動会をはじめいろんなイベントが目白押しで写真や動画を撮影する機会が増える影響か、割とお急ぎの復元ご依頼が立て込んでいたおかげでなかなか遠出をする時間もなかったわけですが11月に入ってひと息ついた様子で、紅葉が見頃だと言うので愛用のカメラを片手に高野山へ行ってきました。

ちょうど、極楽橋からのケーブルカーも今月25日までで代替わりらしいし、たぶん私が小学生の頃に乗ったであろう懐かしい車両との再会もはたしてきました。

正直、高いところは苦手なのて足がすくむほどの急勾配をゆっくり登っていくのはなかなかビビってましたが(笑)進み出せば心地よい眺めで。

ケーブルカーで登り切ってバスで大門まで移動し、そこから奥之院まで紅葉を眺めながら歩いてきましたが、まあー観光客の多いこと多いこと。愛されてますねえ日本。ちょっと誇らしくも感じたりします^_^

視界に入ってくるとても鮮やかな赤は素晴らしく、ふと見上げれば一面に展開される黄色から赤へのグラデーションは息を飲むほど圧感でとても心奪われる景色。

鮮やかな赤と言っても原色バリバリではなく優しさの混ざった赤で、うまくこの色が撮れるのかなあ?と思いながら日が暮れてくるまでのつかの間を味わってくることができました^_^


京都・スヌーピー茶屋

アップル京都店から外に出て、さあどこに腰を落ち着けようかと地図を眺めていると、すぐ近くにスヌーピー茶屋があるののだとか。

これはちょうどいいものを見つけたと足早に錦市場方面へと歩き、徒歩数分ですぐに見つけることができました^_^

店内が混雑してたら待たされるかなぁと思ったものの意外とすんなりと案内してもらえ、茶屋内を見渡すと修学旅行生らしき女の子集団が楽しそうにしておりました^_^

あとは、わりと回転速く観光客がいれかわりたちかわり、繁盛してますなあ。海外からのお客さんも多い様子で店員さんも普通に英語で応対してたのが印象に強かった。

メニューを見るとなにかとインスタ映えしそうな可愛らしいものがいっぱいで、オーダー決めるのにけっこう迷う(笑)

しかも、店内をよーく見渡すとあちらこちらにウッドストックがこっそり。

観光地だけど騒がしいこともなくなかなか居心地の良い店内でゆっくりとアップルでの修理あがりまで待たせて頂きました^_^


Apple 京都

忙しい時ほどイレギュラーが起こるのはある意味定説でありまして。

突然なんの前触れもなく、受験が控えてるこの時期の息子のパソコンが壊れてしまいました。かなり中途半端に。

で、とりあえずパソコンが無い状態だとあれこれ不便という事なので、お蔵入りさせていたMacBook Airに一時的に現役復帰してもらうことに。

でもその前に内蔵バッテリーを交換修理してもらわないと膨張がひどくてキーボードがまともに使えないので、最短で予約を入れることができたApple京都へ^_^

四条通りにできたての店舗を見物に行こうと思いながらなかなか用がなかったが、ちょうど良い用事ができたと密かに喜んでいる私です(笑)

実際に京都店に着いてみると、店舗がお洒落だからか来店客までオシャレだなーなどと眺めつつ、担当してくれるスタッフが手際よくハードウェアのチェックを済ませてくれて、部品の在庫もあるようで当日修理の手配となったので数時間ほど京都をブラブラしようかと思って空を見上げるとなんだか今にも降り出しそうな怪しい空模様なので、どこか落ち着いて待てる(なおかつ仕事もできる)場所はないかと探すことになったのでした。


大阪・富田林市 桜珈琲 富田林店

桜珈琲めぐりの3店目、富田林店です。

こちらも、美原店と同じく全席禁煙かな?テラス席があるようなのでそちらは喫煙できるのかもしれないが特に確認もなにもなかった。

テラス席があるおかげで美原店よりもさらにオープンで明るい感じの店内。逆にここまで明るいと日中は中庭の存在が霞んでしまいそう。

さて、富田林ではちょうど、近辺の友人との待ち合わせがあったので少し早めの昼下がりに辿り着き、モーニングが14時までとの事だったのでオーブンサンドを頼んでゆっくり待とうとひと息ついた瞬間に友人が目の前に現れたので驚いた^_^

と言うわけでモーニングをご一緒し、何かとむかし話から近況やらを語らっていたら外はもう日暮れ。いったい何時間滞在したのやら。

締めはスイーツにてお腹いっぱい。いかんなぁ、食べすぎてしまうなぁ。


大阪・堺市 桜珈琲 美原店

南大阪に店舗が集中している桜珈琲さん。

鳳本店にはちょくちょく通ってるんですが、どうせならば全店回ってみるのもありかと密かに企んでおります。

先日ふと検索してみると、どうもウチからは直線距離で最も近いのは実は本店ではなく美原店という事がわかったのですが、さて、実際には道路の混み具合で寄り付きやすいかどうかが大きく違ってきたりもします。

というわけで訪れてみました、桜珈琲美原店。

広い駐車場と本店よりも席数が多そうな店内。そう、中庭に面した窓だけでなく、外に面した窓もあるので開けた雰囲気は本店の落ち着いた雰囲気とはまた少し違って良い感じ。

全席禁煙なのも本店とは違うこだわりで、喫煙者ではない僕にとってはとても居心地が良かったです。

車移動の場所には場所的にも寄りやすく、よい位置にあるのでこれから美原店もちょいちょい寄らせていただくかもしれないなぁ。


京都鉄道博物館ふたたび

京都鉄道博物館ふたたび。

やはり、扇型機関車庫をじっくり見ないと梅小路にきたかいがない。

というわけで見てきました、颯爽と並ぶ蒸気機関車たちを。

梅小路機関車館として閉館される間際にはこの車庫から全ての機関車が前にせり出した状態でサービス展示してくれてましたが、いまはまた普通に収まって歴代の機関車たちが月日の流れを眺めているように見えます。

こんなバカでかいのが石炭と水で走り回ってたなんて考えるだけでもえらい迫力で、力に満ち溢れていた時代の象徴みたいだったのかもしれないなーなんて思います。

あ、そういえば、車庫の上の看板が一文字だけ差し代わってますな。目立たないようにしてある感じですが(^^)


声でサーキュレーターをON/OFF

先日、Amazonでポチっとしてしまったものがあります。

ほんとは250円くらいのプラケースを買うだけだったのに、抱き合わせ商品だったのでつい一緒に勢いで(^^;;

で、すぐに届きました、スマートプラグ。

簡単に言うと、家のネットワークからON/OFFを制御できるコンセントです。

なぜ興味を持ったかと言うと、GoogleHomeと連携させることができて「〜のスイッチをONにして」と唱えると手を触れなくてもスイッチが入ったりする。

さっそく、足元のサーキュレーターのコンセントをつなぎ設定をすると、これまでいちいち屈みこんでスイッチをON/OFFしてたのから解放され、一声かけるだけで制御できるようになりました(^^)こりゃ楽チン。

初期設定は丁寧な日本語マニュアルのおかげでたいして困ることもなくわりとスムーズにできたのですが、唯一2.4GHz帯のWifiしか繋がらないというところが面倒だったかな。なにせ設定用のアプリにはアクセスポイントの名前が全桁出るわけではないので、ウチのように末尾の文字で5GHz帯か2.4GHz帯かわけていると区別ができず、最初は5GHz帯のアクセスポイントにつなごうとして失敗していた様子。ちょっと気をつけて設定するように心がければ間違いは防げますが。

さて、このプラグが追加されただけで、ろくに実用にならなかったGoogleHomeにも少しだけ役割ができたのでした。もっとも、一発で聞き取ってくれないときは非常に恥ずかしいのですが(^^;;