AdSenseの住所確認がきた

以前、本人確認と住所確認が必要で「AdSenseの支払いが保留されている」とメッセージが出ているという記事を書きました。

前述の記事中でも触れましたが、住所確認のための郵便物を5月20日すぎに「発送しました」と表示されるようになってからも待てど暮らせど届かない。

昨年くらいから極端に遅くなった印象の強い普通郵便ですら、投函から1週間くらいで届くというのに、いったいどこから発送したんだろう?、と。

別に急ぐようなものでもないので本当に3週間くらいかかって到着するのかな?と10日を過ぎたあたりから半ば記憶が薄れかかってきたところ。

■2週間で到着しました

AdSense住所確認の郵便物

とどいて納得。

日本国内からの発送じゃあ無さそうだなとは思ってましたが、どうやらマレーシアから発送されているようでした。

なるほどそりゃ2週間かかるわ。

なにはともあれ、ちゃんと届いたその郵便物は3辺に手でも切り取れるミシン目が入っているので、それに沿って切り取ると中にプリントされているコードが現れます。

そして粛々と確認コードを入力してゆきます。

■住所確認操作

いつものごとくAdSenseのWEBページを開くと”住所確認が必要”というメッセージが出ていますが、その横に「操作」というリンクがあるのでポチッと。

すると現在の状況が表示されます、こんな感じ。

PINコード入力欄

本人確認のプロセスは以前にも書きましたが銀行口座への入金額を入力して完了したことになっています。

今回は住所確認で、その下に郵送されてきたPINコードを入力する欄が表示されていますので、郵便物を開封して現れたPINコードを入力&送信します。

PINコードを間違っていなければすぐに以下のような表示に変わり、

PINコード入力後

これで本人確認プロセスも住所確認プロセスも完了したことになります。

ようやくこれで広告費を受け取ることができるようになる・・・のですが、私はまだまだ最低額にも達していないのでしばらく保留が続きます。

これで手続きは全て済んだはずなので、いずれそのうち(年内には?)美味しいコーヒーでも飲めるであろうと思うわけなのですが、、、ショックなことに近所のお気に入りのカフェが閉店してしまってて自分の行動の遅さに辟易しております。


消えちゃった動画や写真データの復元は
安心安全な『株式会社パソコントラブル救助隊』へ。
https://hqsecure.net/

USBメモリが壊れる前兆

職業がら、すでに壊れてしまった状態のUSBメモリやSDカード類を拝見することは非常に多いのですが、それと同時によくご相談いただくのが

SDカードやUSBメモリが「壊れる前兆」はどんな様子なのか?という内容。

正直言って、そんなものが本当に察知できるならば予防動作や緊急退避的な動作も機械的に実現できるのですが、現実には難易度が高く、おかしいな?と感じたときにはすでにかなり壊れてしまっているのがメモリストレージ類の特徴でもあります。

USBメモリやSDカード

■あえて前兆と言える現象

冒頭で、壊れ始めていることを実感した時にはすでにかなり壊れてしまっていると書きました。

ですがあえて経験則のなかで「使い続けると酷い状態になりそうだな」と感じる直前の症状を前兆と緩く定義するのであれば以下のようなことが挙げられます。

  • PCに接続したときの反応がいつもより遅く感じる※1
  • ファイル名やフォルダ名が文字化けしてる
  • フォルダを開こうとしたら遅い※2
  • フォルダのはずがファイルアイコンに変わってる
  • ファイルを開こうとしたらウィンドウが閉じる
  • ファイルを開こうとしたら固まる
  • ファイルを開くとPCが落ちる
  • 写真を開くと画像が崩れたりベタ塗りになっている
  • 動画を開くとノイズが多かったり再生できない
  • ファイルパスが見つからないとエラーが出る

ざっと思い当たるだけでもたくさんの症状があります。

■反応がいつもより遅い

そのなかで※1※2の「遅い」ですがご利用者さんの普段お使いの環境で”いつもより遅い”と感じるほどの差があるかどうかがポイントになります。

あえて数字で表現しようとすれば「5〜10秒を超えるほど」遅ければ確実に異常が発生していると予想できますので、そのままずっと繋ぎ続けることは避けたほうが安全です。

時計イメージ

応答が遅いということはUSBメモリやSDカードの内部でなんらかの物理破損が原因で応答遅延が生じている可能性が高いため、通電をつづけたり過度なアクセスを続けると急激な状態悪化を招き復元不可能な状態に至ることも考えられます。

できるだけ速やかにパソコンなどの機器から取り外しておくことが大切です

■アクセスすると異常動作

そのほかの症状でも、特定の領域に記録されているファイルを操作しようとしたとたんに固まったり、ウィンドウが閉じるなどの異常動作をする、といった様子であればメモリからの応答に異常があることでOSの動作が想定外の動きとなっていると考えられます。

この場合も、破損しているメモリ領域にアクセスを続けると確実に悪化しますから取り外しておきましょう

■文字化けやノイズ発生

破損により写真データがグレーに

ファイル名やフォルダが化けたり、またはファイルの中身が壊れて正常に表示できない(またはノイズだらけ)といった症状も単純にソフト的な誤動作ではなく、正常にデータを保持できていないメモリが存在していることを表します。

破損によりファイル名などが文字化け

この不具合そのものがデータを格納している領域に発生すれば、写真や動画などのファイルが正常に表示できなくなったり、はたまたファイルを管理している領域に発生すれば、ファイル名などが化けたり消えたりフォーマットを促されたりといった現象になります。

破損によりフォーマットを促される

これもすでに正常に読み取れないメモリ領域が発生しているため(すでに記録してある情報が消失していたりすることから)、何度もしつこくアクセスを続けるようなことは避けるほうが賢明です。

しかし私を含むアナログ世代の方々はつい”接触不良かなにかじゃないか”と考えてしまいがち。そしてなんども接続・取り外しを繰り返したり、SDカードの場合には接点をこすったりといった対処をしてしまいがちです。

ですがそんなアナログ時代の対処方法をSDカードやUSBメモリのようなデジタル機器に適用すると大抵の場合には逆効果になりますので、できる限り接点には触れないようにご注意ください

■メモリイメージを取得しょうとしたら完全に壊れる

蛇足ですが、当社内の実験環境でもカード破損を発生させるために過酷な条件でのテストを実施しております。

その一環でメモリ破損の症状が現れたSDカードに対し、状態を記録するためにメモリイメージを取得しようと操作すると特定の領域をリードした途端にカード全体の応答が無くなってしまったという事例が複数回観測されています。

そのため内部メモリ状態によっては値を取得しようとしただけでも致命的な状態へと悪化させてしまう場合もあるのでくれぐれもご注意ください(一般的に復元ソフトなどでサルベージ作業を実施すると間違いなく不具合メモリ領域を踏むことになり、復元できたはずの領域にまでとどめを刺すことになります


消えちゃった動画や写真データの復元は
安心安全な『株式会社パソコントラブル救助隊』へ。
https://hqsecure.net/

AdSenseのお支払いが保留されています

AdSenseに参画してから1日に1度はAdSenseのホームを覗いているわけなのですが、いつの頃からか画面上部に「お支払いが保留されています」という赤ワクでの表示が出てくるようになりました。

AdSenseからお支払いが保留されていますという表示が

■AdSenseは8000円から

AdSenseはじめましたなんてことを書いてから早3か月たちましたが、ご存じの通りAdSenseは8000円に達しないと振り込んでもらえません

いまのところの実績では、そんな額には遠く及ばないため支払い云々などまだまだ先の話と思っているわけです。

でも「お支払いが保留されています」などと表示されているのはちょっと居心地が悪い感じで、ちゃんと手続きしておかなくっちゃという気分にすらなります。

■支払いには住所確認と口座確認が必要です

ちゃんと広告掲載料を支払ってもらうためには

(1)受け取り口座の登録

(2)住所確認

の2つが必須のようです。

そのうち(1)については以前GooglePlayでの課金受け取り口座を登録した際にも同じプロセスがあったのですが、簡潔に言うと「Googleから適当な金額が振り込まれる」→「振り込まれた金額をWEB上で入力することで口座確認OK」という手順を踏みます。

AdSenseでも口座確認の方法は同じで、手続きを促されている通りに口座番号などをWEB上で登録しました。

そして、数日たつとGoogle名義で適当な金額が振り込まれていたので(この振り込まれた金額は返金の必要が無い様子なのでプレゼントですな)、その金額をWEB上に入力すると口座の持ち主であることが確認され、口座が使用可能になりました。

上記のプロセスにはだいたい2~3日というところでしたので、口座確認はわりとサクサクと完了します。

さて(2)ですが、これはWEB上に入力し登録を行った住所あてにGoogleから郵便が届きます。その郵便物に確認用のPINコードが印字されているということで、届きしだいWEB上でコードを入力することで住所確認も完了したということになります(まだ私の手元には届いておらず、通常2~4週間かかると表示されています

住所確認ができるまでお支払いが保留されていますという表示が続きそうです

■支払い受取りまで時間がかかる

こんなプロセスを経る必要があるので、実際にAdSenseの受け取りを行うまでは結構なタイムラグが発生しそうなものなのです。

ですが、よっぽどPVの激しい人気サイトでもないかぎり・・・というかウチのようなのんびりしたサイトの場合にはなかなか8000円に達することは無いので、たとえ4週間かかったとしてもそれを忘れてしまった頃にようやく達するかな?という感じで実害はないことでしょう

もっと人気サイトにするためにAIにじゃんじゃん記事を書いてもらってひたすら文書量を水増しするなんてのも1つの手段なのかもしれませんが、それはいまどき面白くもなんともないわけで、やはり地道に書き連ねて、そのうち美味しいコーヒーの一杯でも飲めたらよいなあ。


消えちゃった動画や写真データの復元は
安心安全な『株式会社パソコントラブル救助隊』へ。
https://hqsecure.net/

浮気調査とドライブレコーダー

ここ数年ご相談がはっきりと増えてきた案件の1つに浮気調査に関する依頼があります

主にドライブレコーダーのデータ復元としてご相談いただくケースが多く、たとえば

  • 初期化されているので復元してほしい
  • 不自然に削除されている日時がある
  • 撮影内容の明るさを調整し写っているものを確認したい
  • 移動先を調査してほしい
  • 証拠としてデータをDVDに書き込んでほしい

といったような様々なご要望にお応えする機会がございます

もちろん、ドラレコ本来の事故映像などと違って衝撃検知などでデータが保護されることがないものなので、時間の経過による上書きが非常にシビアに絡んできます。

・ドラレコに対する不自然な操作

また、ドラレコから行動が筒抜けになってしまうことについて世間での認知も広がってきたためか、浮気調査されることを想定して証拠となるようなシーンを削除された状態のものも多く寄せれられております。

ですがドライブレコーダーというのは基本的に何もしなければ連続して記録されつづけるものなので、部分的に記録されていない時間帯があるとむしろ不自然で目立ってしまいます。

もちろん(お使いの機種にもよりますが)削除操作された痕跡というのはメモリ内に残ることから逆にフォレンジック対象がはっきりとし報告が容易になります

また、部分的にデータ削除するのではなくカード全体を初期化してしまえば良いと考える頭の回転の速いかたもいらっしゃるのですが、むしろドライブレコーダに使っているカードになにもデータが入っていない状態(あるいは数時間分しか記録されていない状態)というのは明らかにおかしいわけで、これも疑惑のもとで浮気調査された場合には墓穴を掘ってしまうことになります

今時なかなか悪いことはできませんね

・調査方法の提案を行うことも

また、証拠を押さえたいというご相談をうけたまわる機会も少なくありません。

その場合にもできるだけご事情を汲むこととしており、できる限り具体的・なおかつデジタル機器の操作に弱いと自負されている方でも比較的簡単に実践できる手法をいくつかご提案いたしております。

たとえば極端な事例となるとAirTagのようなもので探し物をすることもできますし、スマホアカウントには常にトラッキングのログが残っているので調べ方はいく通りも提案できます(現実にAirTagを使うと不都合なことも起こります)

そういった具体的な手法や注意点について実際に来訪いただいた際に実演しながら覚えていただくこともしばしば

いまどきのデジタル機器と衛星に囲まれた中では本当に後ろ暗い行動はできないものです。

Apple AirTag画像

・疑われた側からの相談もあります

もちろん前段までは浮気疑惑をいだいた側からのご相談なのですが、逆に浮気疑惑をいだかれた側からのご相談というのもあります。

たとえば、スマホを勝手に見られてはいないだろうか、そんな手法があるのだろうかといったご質問を受けることもありますが、これもあくまでも例としての手法をお知らせする場合もあります。

こうなるともうイタチごっこのような気がしなくもないのですが、あくまでも個々のお客様の事情に寄り添うという姿勢である限りはどちらの立場もあるというのがもどかしいところではあります。

・浮気疑惑を晴らすことが一番

こういった、疑惑をもった・疑惑をもたれた、といった状態を放置することは危険です。

一度そのような心境に陥ってしまったら、ありとあらゆることに疑問を抱き続けることとなりますから、無いものすら有るように感じられてきてしまいます

そして、無いものを証明するのは悪魔の証明(消極的事実の証明)そのものであり、極めて困難で疑われた側が一方的に不利、かつ疑った側にも不毛な結末となるのです。

そこで、ドライブレコーダーや位置情報追跡など客観的なデータをもとに疑惑を晴らすことができるのであれば、それは平和的な浮気調査の1つの解なのではないかなという思いのもとで日々ご相談を承っております(ただし現実には疑惑を肯定することになるケースが多いのも事実ですが)


消えちゃった動画や写真データの復元は
安心安全な『株式会社パソコントラブル救助隊』へ。
https://hqsecure.net/

他の復元業者の対応で不信感が寄せられています

あまり威張れるようなお話ではないのですが当社はデータ復元事業においてセカンドオピニオンとして使ってくださって構わないと自称しております

そのため、比較的多くのお客様から他の復元業者の対応について不信感をいだいたと具体的に寄せられる機会があり、なおかつ同業者視点での意見を求められるようなことも少なくありません。

よく寄せられるご相談内容について非常に似通っている部分が多いため状況整理を兼ねてまとめてみたのですが、おおざっぱに以下のような流れがあるようです。

他社の不信感をいだかれる対応のフローチャート

内部資料から抜粋しており資料の右側が切れているのですが、内容としては※印の説明部分になるため以下に転記します(切れている部分には良く寄せられる社名がいくつか記載されている資料なのですが、さすがにここで具体的に社名を記載するわけにはいきません

※1.お客様により金額のバラつきがあるが概ね15~40万円の範囲

※2.最初の見積もりから比較して半額程度と想定されるが7~15万円ほどというお話が多い

※3.お客様によっては2度めの見積り(7~15万円)でも回答保留しているとさらに関連業者に出すのでもう少しだけ安くなるといった案内を受けたというお話もあり、複数の業者が同様の対応を行っている可能性が考えられる(この時点でぞんざいな口調や馬鹿にした態度に変化したという話が比較的多く寄せられる)

※4.裏面削りなど分解してみないと判断できないが仮に何もデータが出てこなくても技術者の手作業なのでといった理由で3万円ほど発生するという話が多く寄せられる(分解を許可していないのに勝手に分解され費用請求されたというお話もある)

要約すると、(1)症状など関係なく高額な見積もりを最初に提示し、(2)支払えない人に対してはディスカウントして再提示、(3)場合によってはさらにディスカウント。(4)あるいは物理的に復元不可能であっても検査料として数万円を請求する、といった流れという印象で受け取られているお客様からのお話が多く寄せられております。

■不信感をぶつけられてしまいます

前述のような他社の対応を経験されたあとで当社への相談に至っていることが多いようです。
おかげで当社でも同じような対応になるのではないか?という、信頼度で言えばゼロスタートどころかマイナススタートからのお話となることが少なくありません。

また、あるお客様が当社の名前を出して前述の他社に評価を聞いてみたら「その業者は怪しいです」と口頭で言われたとも伺っています。さすがにそのお話をお客様から教えていただいたときは多少憤慨しました。

いや、書いていて少し取り乱してしまいましたね、申し訳ない

もちろん、私自身はあくまでも私どもにご相談いただいたお客様からうかがっているお話であるわけで直接の裏取りはできません。そのため公の場でどこの会社だと具体的に名前を挙げるのもフェアではないのは確かです。

ハッキリ明記しておきますが、当社のデータ復元においては公開している料金表から逸脱することはありません。わかりにくい場合には直接問合せいただければ上限の料金をその場でお約束します

■ネット広告には敵わない

話は少し変わりますが、

広告宣伝費を湯水のように使えばネット上の評判などいくらでも操作できてしまいます

たとえば、具体的な事例としてではなくあくまでも仮定の話として書きますが、宣伝費用さえたっぷりとつぎこめば、

ネット検索の上位に表示させる(スポンサー表示、SEO対策など複数手段で)

第三者のフリをしてオススメするWEBサイトや動画配信を乱立できる

クチコミ(星5つなどと)を操作することができる

などなど、正直言ってきりがありませんし、実際そういった宣伝部分を専門に扱うような事業者もたくさん存在しています。

財力のあるところと面と向かって競ってしまうと消耗戦になるだけで、その広告費の原資はお客様の支払う料金に転嫁されることになってしまいます。

■お客様ファーストのためにはどうするか

もちろん、広告費を抑えればそのぶんだけ集客は減り、みるみるうちに事業が回らなくなります。これは市場では当然の原理です。

しかし、広告費を上昇させて値上げで賄うというのは確実にお客様負担となるだけであり、広告事業者以外は誰も得をしない結果に終わります。

幸いなことに当社では長年の実績によってリピートでご相談いただくお客様が数多く味方となっていただいておりますので、思い切ってゼロ近くまで広告費を削減してみることにしました。

もちろん削減したコスト分は料金低減として反映させることに努め、各サービスにおいて随時値下げを実施しつつあります(一時的に物価高騰・エネルギー価格高騰のあおりを受けやむなく値上げに転じましたが)。

■当社の目指すところは

最終目的としては「データ復元について単純でわかりやすく誤魔化しようがない一律料金」の実現であって、いまのところまだその領域は遠いと感じてはいますが、この春より「新お手軽コース」を新設して一足先に容量を問わない一律料金の実現に至りました

また、フルサービスである「プレミアムコース」については15周年アンケートによる最大半額クーポンの配布も継続しております。

ゆくゆくはこのクーポン価格をレギュラー化できないかとも思案中ではあるのですが、もう少しだけ超えるべきハードルが存在しております。もう少しです。

ここで、頑張って低料金化することで他の復元事業者も追いかけてきてくれるのであれば(他社の技術レベルやサービス内容は知る由もありませんが)、それはトータルとしてお客様にとって良い方向になるであろうと夢を見続けています。


消えちゃった動画や写真データの復元は
安心安全な『株式会社パソコントラブル救助隊』へ。
https://hqsecure.net/