三宮・CATTLEYA

日曜日は諸用にて三宮まで出かけていたわけですが、用が済んだ後の方が最近は楽しみで、すでにどちらが本当の諸用なのかわからなくなってます。

というわけで、まずは神戸まつりな様子を眺めつつ、撤収がはじまる界隈をぶらぶら。

なんだか書庫バーなる看板が出てたのがそそられたが、こういう時に飲めるツレがいると入って行きやすいのになーと断念。

歩き疲れて座れるところを探していると、こじんまりとした茶店が目にとまる。中をチラ見してみると空いてるそうだったのですかさず店内に入り、タマゴサンドとコーヒーで一息。

入り口付近にあるコーヒー豆?のケースは使ってるのかな?などと店内を見渡しながらぼーっとする時間がとても贅沢に感じる。

店内が静かで居心地が良かったので、2杯目のコーヒーを頼んで寛いでいると次から次へとお客さんが入ってきてすぐに店内は満員御礼に。

挙げ句の果てには8人団体客が来るとかなんとか交渉してたので、少し名残惜しいがさっさと席を立つことに。

意外にも、探し求めていた味に近いコーヒーで美味しかった^_^

ラトックの家電リモコンRS-WFIREX3は結構高機能

少し前に購入したラトックシステムの家電リモコン RS-WFIREX3ですが、GoogleHomeだけでなくAmazon Echoにもちゃんとつながります。

いや、使ってみた印象ではGoogleHomeよりもAmazon Echoでの初期設定のほうがはるかに簡単だったように感じてます。

操作できる内容も、カスタム設定を駆使すれば両者同一になるんですが、自動設定(スマートホームと呼称)の場合にはAmazon Echoのほうが操作できる内容が多かったりするのが微妙な違い。

さて、この家電リモコンの先に、パナソニックのLEDシーリングライト(HH-CC0820AZ)があり赤外線リモコンで操作できるようになっています。
もちろん、家電リモコンの設定アプリの中にもパナソニックのシーリングライトは多数プリセットがあるんですが、なにせ派生機種が多いのと細かな品番があわなかったりするので躊躇します。
適当に見た目がにたようなものを設定しておけば問題なく動くのですけどね。

ただ、こまったことにAmazon EchoやGoogleHomeに対して自動設定できる範囲だと、照明オンコマンド=「全灯」がプリセットされています。
普段は50%くらいの明るさで使っているのでリモコンだと「全灯」ではなく「点灯」という側を使うのが日常なのですが・・・

カスタムコマンドでは「点灯」(50%くらいの調光で)を送信させることもできるけれど、そのためには「OK,Google、”家電リモコンを使って”照明を点灯して」と長いコマンドを詠唱しなければならなくなる。
単純に「照明をオンにして」だと自動設定の「全灯」コマンドが常に発信されてしまうのだ。

なんとか自動設定の照明オンコマンドを「全灯」から「点灯」に変更できないかとラトックさんに問い合わせてみたのですが、答えは「送信するキーの内容は変更できません」と。

ただ・・・キーに割り当てられている赤外線コマンドを再学習させることはできるので、「全灯」キーに対してリモコンの点灯ボタンの内容を学習させてしまえば解決できるらしいと教えてもらった。
てっきりプリセットされているリモコンコードは変更できないものと思い込んでいたので目から鱗。

キーの内容が「全灯」のままなのはちょっと微妙な感覚だが、実用上はまったく支障ないので無事に解決したのでありました。

総じて、なかなかポテンシャルとしては優秀なデバイスで、簡易的な照度計機能や気温&湿度の情報も取得でき(照度計の機能は後継機では簡略化されたらしいですね)、もっとアプリ側が充実すればさらに高度なことができるんじゃないかと期待できるリモコンです。

小さい画面のついたスマートスピーカーAmazon Echo Spot

ものすごく個人的な意見ですが、物珍しさでついつい買ってしまったGoogle Home Miniをなんとか活用したいとおもいつつも馴染めない状態がいまだに続いています。
そもそもAmazon Echoが招待制だったころ、申し込んでもなかなか購入できる状態にならなかったところにたまたまGoogleHomeが半額だったから買ってみたというだけで、いずれ進化していくデバイスだし期待を込めて買ったわけなのですが・・・

やっぱりウェイクワードが「OK,Google」とか「ねえ、グーグル」とか「Hey,Google」とかだとどうも引っかかってしまう。ブランド名を連呼させる戦略だろうと思うのでここが改変されることはないのだろうなあと諦めてますが、なんだかいつまでたっても馴染めないワードですね。

そんなこんなで、朝一番に照明とTVをオンにしてもらいながら日の入り時刻と天気を読み上げてもらう程度すら時々面倒に感じるくらいなGoogleHomeとはうらはらに、小さな画面付きのAmazo Echo SpotのテレビCMを目にするたびに「ああ、案外実家に置いておく用には良いかもしれないなあ」などと妄想を膨らませるようになってきました。

そして、
ちょっと探し物があってAmazonのサイトを開くと、期間限定でAmazon Echo Spotがいつもより5,000円ほど割り引かれているじゃありませんか。
しかも、携帯乗り換えでもらった期間・用途限定のdポイントの使い道もどうしようかと考えていたタイミングだったので、これはちょうどよいと1つ試しに買ってみることにしたのでした。

もともとは、画面付きならばEcho Spotのような小さな画面ではなく、もうひとつ大きな画面がついているほうが使い勝手が良いのではなかろうか?と考えていたのですが、世間の声をよくよく聞いてみると特に男性陣は私と同じ区大きな画面派が多いのに対し、女性陣では小さい方が良いという意見が多数の様子。
なぜか・・・小さい画面でなにが写っているのかはっきり見えないほうが、すっぴんで写っても平気でいられるから、という事らしい!!気づかなかった。大変迂闊でありました、確かにそうかもしれません。(カメラ性能とディスプレイ性能は別だぞというツッコミはさておき)

さて、このEcho Spot、小さいながらも画面を搭載していてしかもタッチパネル操作ができるので本体単独でもさまざまな設定が可能なのですが、さらにスマホにアプリを入れておけばよりこまめな設定もできる様子です。
たとえば、スマホ本体からお気に入りの写真を転送してアナログ時計の背景に設定するなんてこともアプリから簡単にできました。
背景に設定する画像によっては、とってもチープな目覚まし時計としか思えなくなってしまうから不思議。まったく目立ちません。

でも試しにPrime Videoで適当に再生をさせるとこの小さな画面でもちゃんと映像が映し出され、それなりに鑑賞できるから面白い。
実用性はさておき、遊べます。

すぐに感心した点は、ウェイクワードをなんども言わなくても1つの命令を実行し終えたあとは自動的に次の命令をしばらく待機してくれています。Google Homeでも英語設定であれば同様の動作になるんですが、いまのところ日本語ではいちいち「ok,google」と言い直さねばならないのが面倒ですね。

そのウェイクワードも、ご存知のとおり「Alexa」が初期設定でその他「Echo」「Computer」「Amazon」と任意に切り替えることができます。「Computer,TVのチャンネルを1にして」なんて呼びかけ方になるのが好きな方にはたまらないのかも。

そして今のところ残念なのが、利用者のニックネームを設定できないところ。
これはたとえばAppleのSiriだと「私のことはこれからマスターと呼んで」と言えば覚えてくれますし、GoogleHomeだとアプリで「マスター」と呼ぶように設定できます。しかしAlexaちゃんには今のところそういった機能は実装されていないようで、あくまでもアドレス帳に登録されている名前(アマゾンに登録してある名前?)で呼び返してくれます。

また、GoogleHomeでは通常は日本語設定にしておいても第二言語として英語を設定しておくと、たまに英語で呼びかけたときに自動的に英語で返答してくれるようになりますが、Alexaちゃんはたとえ英語で呼びかけても返答は日本語になります。わりと頑固なのかもしれません。