遂に決着?

ずーっと悩んでた本の収納。


こんな箱を買ってみました。


組み立てて、


本を詰めて、


こんな感じで。文庫本用の段ボールです。4箱入りで1700円ちょっと。これなら増やせるし、もし本棚を買って要らなくなったら捨てられるし引っ越しの時も楽そうだったので試してみました。意外と良さそう。邪魔になったら動かせるし、以前の布製ボックスに乱雑に入れていたときと違い、下段の本もちゃんと見れそうです。新書は既存の本棚へ移動。ハードカバーは少ししかないのでクローゼットに置いたまま。

取り敢えず、きちんと本を収納している感が出たので、まあ満足。といった所ではないでしょうか。Amazonで購入できます。

弊社と当社

久々にことばの話題

さてはて、私も敬語についてはまだまだ勉強中ではあるのですが、
同い年の新卒くんには「ご足労」ということばを、私が使っているのを聞いて初めて知ったと言われ、何だか驚きを隠せない今日この頃です。

弊社と当社

社外への連絡や社内報告などで、ビジネス文書を書く機会はそれなりにあるのですが、弊社と当社の違いが特に分からないまま「弊社」ということばを使っていたので、調べることにしました。遜るときは弊社を使い、社内間であればその必要はないので当社を使ってよい。但し、抗議をするときなどは当社を使う。ふむふむ。

ついでに御社と貴社についても調べることにしました。最後にまとめます。
こういうのって英語でもあるのかな。英語でも一応敬語表現はあるのですが、(たとえばcanではなくcouldを使うなど)日本語の難しさに悩みながらも面白いと感じてしまう私は間違いなくことばの魔力に掛かっています。

まとめ

弊社:遜るときに使う。
当社:社内間で使う。しかし、抗議するときにも使える。

御社:話すときに使う。
貴社:書くときに使う。

人によって考え方捉え方は違うと思いますが、ざっくりこんな感じです。
株式会社ABCだったら、ABCさんって言ってしまうときもありますけどね。
これは土地柄なのかもしれませんが、知っているのか知らないのかは大きな差だと思います。

長袖の呪縛

長袖の呪縛からの解放

彼此8年近く「夏でも長袖」暮しをしていたのですが、この猛暑の中、長袖の呪縛から解放されるべく半袖を2着買ってみました。紺と白。


昨日着てみた感想は、何だか不思議な感覚ではありましたが、部屋着で随分と慣れてきたようなので、意外と平気。やはりベーシックなデザインを選んでしまう辺りは何も変わっていません。

あとは冷房に耐えられるかどうかっていうところです。

 

そもそも何で長袖生活をしていたかというと

8年前に付き合っていた人の趣味としか言いようがないのですが。その趣味を継続していただけです。特に衣服にこだわりが無かったため言われるがまま。友人も半袖姿にさぞ驚くでしょう。買った分、服も何か処分しようかな、どうしようかな。

ただ、仕事の制服は長袖継続予定です。エアコンが寒すぎる。

さあ、夏らしい装いになったのでどこかへ出かけたい気分です。が、仕事があるからね、そうも言ってられないのです。7月のお休みはもうありません。

はーあ。

未だ船から降りられず

本の収納場所にはやはり悩まされる 

クローゼットに本を置いていると、やはり見えないところにある所為か、本を読む機会が減ってきたように感じられてきてベッドサイドに移動しました。余っている布製の箱に取り敢えず投げ込みました。入りきらなかった分はクローゼットに残していますが、最近本どころじゃないというのが実情です。

それでも、今読んでいるのが、2冊同時並行。内1冊はフランツ・カフカの「アメリカ」です。主人公カールが船に乗ってアメリカに着いたところなのですが、未だ船からは降りられず、船のなかであーだこーだあったのですが、要はまだ序盤ということです。電車での移動中なんかにちまちま読んでいるくらいなのですが、今度喫茶店に行って、がっつり読みたいです。或いはお酒を飲みながらでもいいです。

 

海外文学への苦手意識

先述の「アメリカ」ですが、想像通り、海外文学は序盤が退屈なのです。なかなか頁が進まない。頭に入ってこないのですが、それでも読み進めると面白くはなってきます。その序盤の退屈さに負けそうになりながらもその先の面白さを掴むまでは忍耐、忍耐。私にとってはそんな感じなので海外文学はどうも苦手意識があるようです。克服できたら読みたい本は沢山あるのですが、読書友達兼、お茶飲み友達曰く「トルストイよりもカフカのほう面白いよ」とのことでしたのでカフカの本2冊を読ませてもらうことになりました。

本どころではないとはいえ、本を読まなければ頭のなかが枯渇してしまうようで、最近アウトプット過多なのかな、虚無感に襲われます。

 

顛末書やら理由書やら書いている場合じゃないよ、まったくもう。

 

誕生日

誕生日の考え方

先月末にまたひとつ、無事に年をひとつ重ねたのでありますが、私自身が誕生日を教えるのを嫌う傾向にあって、人に誕生日を教えません。(教える機会も滅多にありませんが)なので私の誕生日を知らない友人が殆どです。

このような考え方になったのも私が10代の頃出会った人の影響なのですが、誕生日というのは、ただ、生まれて何年目だっていう、とある1日なので、特別に祝われず、ひっそりいつも通り暮らせばいいという考えに至りました。まあ、その中でもきちんと誕生日を言える人たちに誕生日を祝ってもらえるだけで充分です。

そんな人たちから誕生日のお祝いをもらいました。


クマさんのトートバッグ。赤い服を着てとても可愛いトートバッグです。お買い物バッグにも使えるし、スニーカーにも合わせられる鞄ってそういえば持っていなかったので、というか可愛いので取り敢えず部屋に飾っています。

それからこれ。


今まで使っていたエレクトロラックスのコードレス掃除機の何時間充電しても8畳の掃除さえも持たなくなってしまったので、新しい掃除機を、とプレゼントしてもらいました。

コードレスに見えて実は有線。スティック型の掃除機です。省スペースで前の掃除機と大きさも変わりません。充電を気にせず好きなときに掃除機がかけられます。コードレス程の手軽さは無くなってしまったのと、線が邪魔に感じることはありますが、有線だけあって吸引力が素晴らしい。嬉しいことに大阪市内であれば無料で配送してくれる上、壊れた掃除機も引き取ってくれるとあって、今時大変便利になったなと思いました。

なのでオーブンレンジも同じ家電量販店で買う予定です。壊れたほうの回収もしてくれるのが何よりありがたいです。8月には絶対に買おう。

掃除機も新調したことですし、掃除に精を出していかないとな。

リサ・ラーソン

お出掛けするときの荷物編

普段は小さなポシェットで事足りてます。中はというと財布、iPhone、文庫本、煙草、ライターにハンカチ。

でもちょっと荷物が多いときはトートバッグ。中でごちゃごちゃするのを嫌うのでポーチで小分けしています。多いときの荷物はポシェットの中身+Bluetoothキーボード、キーボード用の乾電池、モバイルバッテリー、A4書類、常備薬、予備の煙草などなど。

クラッチバッグを利用したり、無印良品のメッシュポーチに入れたりしていますが、ちょっと大きめのポーチが欲しくてここ最近買うか検討していました。小分けし過ぎるとそれはそれで面倒なので。

ベーシックとの葛藤

ここでも悩みましたけど、ベーシックなポーチのほうが好みではあるのですが、たまには可愛いものも持ちたい。シンプルで可愛らしいものを、と思ったときに一目惚れしてつい購入してしまいました。


リサ・ラーソンのミンミポーチ!
 Amazonで1480円。値段もお手頃。ムック本って買うことはないのですが、リサ・ラーソンは好きなのでつい買ってしまいました。

で、マンションには宅配ボックスがついているのですが、日本郵便さんは郵便局に申請しないと宅配ボックスには入れてくれないようです。何で不在票が入っていたのかなと思って調べたらそういうことだったので、今度郵便局に申請しに行ってきます。

服の話

 シンプルなグレーのワンピース。

実はこれ、私が小学生の頃に着ていたものです。
そしてまだ着れるという。

さすがに丈は膝丈スカートからミニスカートになりました。
入ることは嬉しいような悲しいような。(バスト的な意味合いで)

10年ものです。小学生が社会人になっても同じ服を着るという不思議な感覚。
20歳が30歳になって同じ服を着られるのとはまた訳が違うというか。
(それも場合によっちゃただの痛い30歳になってしまうこともありますが)

私が服を選ぶときは流行り廃りのないベーシックな物を選ぶようにしています。
「来年も着られるか」って結構重要です。なので私服はシャツにスカートだったりジーンズだったりというスタイルです。そこにカーディガンを足したりするので衣替えに一苦労ということもないのです。春夏秋は同じような恰好をしています。

何せ女性の服というのは流行り廃りが非常にあって、翌年はもう着ることのできないデザインだったりというのがあります。

こうやって10年経ってもまだ着られるようなデザインの服を手に取ると、ベーシックな物の偉大さがよくわかるのです。

 

眠りについたオーブンレンジ

引っ越すときに一緒に連れてきた旧居のオーブンレンジ。壊れてしまって早数ヶ月。炊飯器が我が家にはないのでお米を食べたいときどうしたらええねん状態。自炊するときも作り置きができないので何かと不便な生活であります。

しかし、8月頃まではおそらく放置となることでしょう。保証期間の過ぎたマグネトロンの故障のため修理よりも買った方が良さそうなのですが、色々とリサーチするなかで気になっているのが無印良品のオーブンレンジ。


いや、何かねデザインが好き。綺麗。

それだけの話なんですけど、果たして保証がどうなっているやら。要確認。金額的にはクリア。夏になったら現物を見に行くことにします。

最低限の機能さえ備わっていれば!オーブンなんて殆ど使うこともないんで電子レンジでも良いっちゃ良いのですが。

でも、内部がターンテーブルなのがネック。まあいっか。とは言いつつもオーソドックスなのを買うんでしょうね。



多分こういうの。25000円くらいでいいのがあればいいです。
無ければ無いでやっていけることを知りましたが、やはり無いと不便です。

洗面所について

洗面所のビフォーアフター

「セスキ炭酸ソーダが気になる」の回でちらっと、洗面所のbefore afterをについて書きましたが、afterから。


白い箱は無印良品のファイルボックスです。中に化粧水やら歯磨き粉のストックやらが入っています。

そしてbeforeがこちらです。

今までドライヤーや化粧水を外に出しっぱなしにしていましたが、これを機に中にしまうことを決意。左は必要なもの、右は処分するものに分けました。セスキ炭酸ソーダとスプレーの定位置は洗面所の下になりました。

今、洗面台に出しっぱなしなのは歯ブラシ、歯磨き粉、コンタクトレンズケースのみです。備え付けの棚には何も置いていません。このエリアもこれ以上物が増えないように心掛けていきたいものです。

 

どうやって物を減らしていくのか

引っ越し3日前を想像します。もうこの部屋から出ていかなければならないから、最低限の物だけ箱詰めせずに置いておく。そこで箱詰めされるものは決してどうしても必要なものではないので、処分対象となるのです。そんなイメージで減らしています。

物に支配されずに生きるって結構快適なものなのです。

セスキ炭酸ソーダの実力

 
 前回の「セスキ炭酸ソーダが気になる」の続編です

早速買ってきました。

左のセスキ炭酸ソーダは300円くらい。取り敢えず500gを。
さらさらした粉なので湿気対策と溢すのを防止するために瓶に詰め替えて密閉して使うことにしました。写真には写ってないですが、中に料理用の小匙スプーンを入れています。右のスプレーに小匙1杯弱いれてあとは水をだばだばと。

 

使ってみての感想

少ない量で沢山作れるので、気にせず好きなだけシュッシュできます。吹きかけた途端に汚れが落ちて茶色い液体と化することもあります。

試しにお風呂場と洗面台を掃除してみました。汚れは良く落ちます。洗剤独特の匂いもしません。シュッシュして雑巾かスポンジでキュッキュしました。この量で万能に使えるのであれば当分洗剤を買う必要もなさそうです。

掛かった費用は
セスキ炭酸ソーダ300円
詰め替え瓶200円
スプレー100円
計量スプーン100円

合計約700円です。詰め替え瓶とスプレーはIKEAで買ってきました。(安いから)
計量スプーンは100均にて。(計量スプーンセットを分解して小匙だけ使いました)

久々に休日らしい休日を(何だか主婦っぽいけど)過ごしたように思います。
セスキ炭酸ソーダが気になる方は是非。あれこれ洗剤を揃えるよりはきっと安上がりです。