microSDを装着してWi-Fi対応にする

microSDカードをSDカードに変換するアダプタの一種なんですが、単純にサイズの変更だけでなくて、ついでにWi-Fi(無線通信)の機能もつけてしまおうという、なかなかの変わりモノがでた様子です。

そもそも数年前から、SDカードにWi-Fiの機能を内蔵したEye-Fiってなものも存在したんですが、そのメモリ部分をmicroSDに肩代わりさせるような形ですね。

カメラからスマホへの無線転送が簡単になるとかいったメリットが活かせる時代になってきたので、この製品の反響しだいでは同様な製品もたっぷりと登場するかもしれません。

汎用性って意味だけなら、カードリーダーにWi-Fi機能を持たせたモノのほうがありがたい気もするのですが、1機種くらいしか聞いたことが無いのでイマイチヒットしてないのかな…

SDカードサイズとなればコンデジ~一眼レフの一部まで幅広く対応してますし、しかも手軽ってことで、ひょっとしたらヒットの引き金になるかも。

もっとも…私個人的には、撮影データを無線で飛ばすなんて恐ろしい事はどうしてもできそうにありませんが(^^;

タイガー再々オープン

前回、いつごろだったか出向いた時にはタイミング悪く休業してたと思い込んでたタイガーペンハーゲンですが、実はかなり長期間にわたって休業してたらしいですね。
ようやく先日(9月22日)に再々オープンしたらしいです。

もともと日本以外での出店スタイルと大差ないつもりでいたのが蓋を開けてみると3か月分の商品ストックが3週間ほどで売り切れてしまったという嬉しい誤算。

でも、さすがに商品がない状態では販売も続けられないので、やむなく1ヶ月ほどの休業という選択をしていたらしい。

そりゃまあ、大阪に1号店を出店すりゃあ、めずらしいものには飛びつきますから(^^)マーケティングとしては成功じゃないかなと思いますね。
ただ、ここでの体験のまま東京へ進出しちゃうときっと判断を誤ってしまうんじゃないかという懸念もありますが(だって東京だと供給過多で飽きられるのも早そうですから)、社長のインタビューを聞いている限りではそのあたりはしっかり考えてらっしゃる様子。

純粋に「売れたから増やせ~」ってなスタイルでなくってちゃんと足元を固めるほうに注力している様子なので、さすがに大局をみてはるなあ~ってのが素直な感想。

ま、そんなことはさておき、再々オープンしたのならまたミナミまで足を運んで、今度こそ見てみよう(^^)

飲み物を買うともれなく

ここ最近、500mlのペットボトルにミスタードーナツの無料サービス券がついているのをよく見かけて、なんとなく100円で売られてる飲み物に100円分の無料券をつけてたら、タダで飲み物が買えてしまっているような錯覚にとらわれ(笑)ついつい。

当然ながら無料券には期限があるので、忘れないうちに交換しに行こうと、息子とお昼ご飯を食べに出かけたついでに、ミスドに寄って買ってきました。

なかなか、こんな機会でもないと買って帰ることもあまりないドーナツなので、ついつい余分に…すっかりミスドの戦略にはまっています(笑)

ショーケースを見ているといろんなドーナツがあって全部食べてみたくなりますが、やっぱり私の一番のお気に入りはオールドファッションですね(^^)

しばらく静かだったソフバンがプラン拡充で

しばらく…ソフトバンクのサービスラインアップって、他社サービスを派手に追いかけることなく大人しくしてるなーって印象はありませんでしたか?

プラチナバンドみたいな大きすぎる拡充は、一般ユーザーの目にはあまりすぐに理解できるものでもないからその分は割り引いて考えないといけませんが・・・

それにしても、対抗するKDDIやドコモが着々とサービスを拡充しているのに対して、静観を続けていた感じ。

ところが、ようやく今回のiPhone5をトリガーにして、KDDIに並ぶためにテザリングの解禁を発表したと思ったら、それ以外にもドコモにも先行されていた24時間定額オプションを出してきて、直接ユーザーの目にとまるサービスを拡充してきてくれました。

まあ…どのオプションを見てもまるで価格カルテルのように各社とも横並びで値上げ方向に振っているのがちょっと嫌なところではあるのですが、それでも必要なサービスがキャリアを問わず選択できるというのはありがたいことです。

秋の風が心地よいはずなのに

どういうわけか、1日中汗がひかない(^^;
体温あがってるんじゃないだろうか(^^;
ひょっとして、基礎代謝があがってるのかな?
だとしたら、このまま放置でもダイエット効果ばっちりかなあ~(笑)

でもそんな状態なので、
日が暮れてから外出すると、ちょっと肌寒い(^^;
また着るものに日々困る季節がやってきたみたいです。

LINEが浸透してきましたね

実はわたしは、ガラケーのころからアカウントだけは保持してたんですが、なかなか使い勝手も改善されず、そのまま放置してたんですよね。

ところが、最近になってスマホ全盛になってきたからか、友人との間で短文のやり取りに使う機会も徐々に増えてきて、しかもキャリア違いでも無料通話ができるというのが(音声品質はさておき)ちょっとした連絡には非常に便利。

てなことがあって、スマホに買い換えたらまずLINEってな方も増えてきた様子。
昨日も、開発元からの利用者の発表があったからか、TVなんかでもいくつもの番組で取り上げられてて、さらに普及に拍車がかかりそうな雰囲気。
みんなが使えば確かに便利。

もっとも、Facebookなどと同様に、電話帳なんかの情報から「友達」が自動的におすすめされてしまうので、連絡を取りたくない相手にも利用してるのが判ってしまうとか、IDが簡単なものだと間違い申請がやたらくるとかいった、ちと面倒な部分もありますけどね。
※インストールし終わったらすかさず友だち自動追加の機能とID検索はOFFにしておきましょうね。

世界的にはFacebookが一般的、などと言われてもいるようですが、どうも日本では実名登録という部分がなかなか浸透できないんじゃないかな?とネガティブに見てしまうんですよね。
むしろ、そういった制約のないLINEの方が日本人に好まれるスタイルなような気がします。

1GB RAM実装のiPhone5は期待通り

いくらなんでもさすがにiPhone5は1GBくらいのRAMはのっけてくるだろう…というおおかたの見方通り、発売日当日の分解記事によればしっかり1GB実装されている様子です。
やはり、RAMが512MBか1GBかってのは、操作感に大きな影響を与えそうで大いに気になっていた部分なのですが、ひとまずほっとしたってのが正直なところ。

APPLEってこういう細かなスペックは公表してくれないんですよね。ユーザーはそんな細かなハードスペックなんて意識すべきところじゃない、という思想なのかもしれませんが。(多少は私もそう思いますが)

iPhone5を触ってきました

アップルストアまで行ってる時間はなかったのですが、お昼を食べたあと少しだけ帰り道にある量販店にて。

さすがに平日のこんな時間帯だとガラガラで、auのもソフバンのも両方ためしてみましたが、まあ「どちらも一緒」か(^^)

私のiPhone4と比べるとダントツに早くってストレスなくて良いなあと…ついつい心が揺れ動いてしまいます。 ただ、iOS6で話題のマップですが、さすがに失笑しました。

我が家の近所を表示させてみても「えっ、そんなトコに駅ねぇし駅が増えてるやん」とか「そこはそんな道路じゃない」とか、もうこのマップに頼ると確実に道に迷いますな。
いったい…以前のレベルに戻るまでに何年かかるんだろうか?という印象です。

もっとも、SafariでGoogleマップを表示すれば地図のレベルは当然のことながら以前のままですので、レスポンスも含めて充分に実用的。
他のアプリから直接連携できないとかいろんな問題はあるかと思いますが、とりあえず地図は出るので代替策はある状態。
ソフト的にはさほど大きな問題ではなさそう。

ハード的にはやはり軽くて薄い。
ケースとかをつけるのはもったいない仕上がりですね。
何も装着せずにそのまま持ち歩くのが一番よさそうですが、あいかわらずストラップは着けられないので、必須という方にはやはりストラップホール付きのケースが必要になりそう。

で…悲しいことにドックコネクタが小さいものに仕様変更になったので、店頭に展示されているものも全て充電ができず…展示品はすべてバッテリー残量が赤表示になってました(^^;

まだ変換コネクタの類は展示されていなかったので、潤沢に出回ってくるまでには若干苦労が伴いそうな感じの電源事情です。

さて…触ってみた感想としては、やっぱり最新を追いかけるほどではないけども、モノが潤沢に出てくるころには買い換えようかな、ってところですね。

iOS6とiPhone5と

先行してiOS6へのアップデートが配信されてますが、今回はマップアプリが改悪されているという事で評判が悪いですね。
私の身の回りでも、マップの使い勝手が悪くなるという点がネックになってアップデートを保留している人が多い様子。

かく言う私も、当面は様子見をつづけようかと思っているんですが、とにかく現物を見てみないことには、自分の許容範囲かどうかすら判断つかない。

というわけで、てっとりばやくiPhone5が店頭で自由に触れるようになるのを待っているのですが… さて、いつになることやら。

でも今度は、iPhone5の実機がとてつもなく快適だったりすると、勢いで機種変更してしまいそうなのが自分自身で気がかりな部分でもあったりするのですけどね…

そんなこんな呟きながら、やっぱりワクワクして待ってます(^^)

常に迷いと決断の狭間で

生きてる上での話しなんて大それたネタじゃあありません。
単純に、お仕事を念頭に置いたとき。

こちら側から見れば、日々多く寄せられる依頼品のなかの1つ。
でもお客様から見ればたった1つの中の大切な1つ。

キレイ事でも優等生ぶりたいわけでもなんでもなく、ただ厳然としたその現実が日々目の前に依頼品という形で届けられてくるわけで。

限られたメッセージの中からどれだけ正確にお客様の意図をくみ取れているか、この成果は得られるはずの対価に見合ったものか、総じてお客様が受け取った時にちゃんと喜んでもらえるだろうか。

もっと頑張ればもっと何かできるかもしれない、でももっと急いで結果を返さないとお客様は困ってしまうかもしれない。
他のお客様達の依頼品も同じ条件だから、目の前のものにかけられる時間は本当は限られるかもしれない。完了をどこかの時点で決断しなければ、ズルズルと返答が遅れ、ズルズルと睡眠時間も圧迫していく。

数値で確実に完了というデータが得られる時は幸せだが、そんな幸せな事例は数えるほどしかなく。
見つからないものを「存在しない」と確認する術は、まだ充分には確立できていない気がして悪あがきしてしまい自分自身が納得できない。

もっと、対価と効率だけを意識して潔くならないと経営は成り立たないはずだし、もっと、冷酷な判断や返答も素早くできるはずなのに、やはりそれらは自分らしくないような気がして、まだまだ迷いと決断の微妙な狭間を歩きまわる感覚にとらわれる毎日。

仮に、この感覚を丸ごとゴッソリ共有できる仲間がいたとしたら、少しは決断を人任せにして楽になれるのかな。