N700Aの1番列車

東海道新幹線の新型車両、現行のN700の改良版になるN700Aがいよいよ2月に運行開始しますね。

一番列車は2月8日(金)だとか。

外観上は現行のN700と大差ない様子で、サイドのデザインにAという文字が大きくデザインされているのだとか。

速度制御部分やブレーキ性能が強化されていてより安全面を重視されているのだとか…完全に車両におまかせ運転させるとN700A以外の車両を追い越しちゃうからフル性能は発揮できないよーみたいな話しもされておりましたが(^^;

新型車両ということで、

・東京→新大阪行きの 16番線、午前7時発のぞみ203号
・新大阪→東京行き 24番線、午前7時発のぞみ208号

が出るころには、たくさんの人が集まるんでしょうね♪ ぜひ早いうちに乗ってみたいもんです(^^)

復興特別所得税

今年最初の給与がそろそろ出終わったころでしょうか。

うちは25日が今年最初の給与支給日だったんですが、給与明細を見てみると若干多めに取られてる項目がありますよね。

平成25年1月1日から「復興特別所得税」というのが新設されていて、平成25年~平成49年の間に支給される給与に上乗せされて源泉徴収されることになっています。

もっとも、給与明細にはそれ専用の項目が設けられるということはないかと思うので一般的には「所得税」の項目に含まれることになっているのですが。
※ちなみにその額はと言うと、所得税額×2.1%。

たいして大きな変動ではないかもしれませんが、徐々に徴収されていく理由が増えていくというのは、なんとも手間ばかり増えて、いったいどのくらいの事業所で給与計算をされている方々の手間が増えているのだろうと考えるととっても大きなロスだろうなと思ったりします(^^;

遅い昼食中(^^;;

マクドナルドにて遅めの昼食中。ひょっとして早いところなら既に晩ご飯が間近じゃないかという時間に、ようやく一息つけてのんびりしておりました(^^;;

ところでビッグマックって、どうやったらレタスをポロポロと落とさずに食べれるんだろう、いつもめっちゃ悩みます(笑)

 

大阪弁の先生らしいです(^^)

最近、すっかり大阪弁の先生と呼ばれております(笑)

中国で日本語を学んでくれている子に、現地の中国語-大阪弁(笑)のテキストの例文を、実際に大阪弁で読んで聞かせてほしいと頼まれて(^^;
(僕の喋りを知っている方なら、適任だなーと納得するでしょう)

ひとまず数ページの例文を 5分ほど読み上げてメール送信。
翌日、
「声優さんみたいな声やなー」 とか言ってくれるので(^^)
「ほ、褒められても嬉しくなんかないやい(^^)」←チョッパー風に(笑)
と、とても上機嫌でやってるんですけど(^^;

先方でも同じように録音して送ってくれたのを聞くと「上手いじゃねーか」と感心するほど(^^)
いやはや、好きで勉強してるってのは飲み込みが早いもんだなーとつくづくびっくりさせられます。

HTC J (ISW13HT)のテザリングは

ひょんなことからソフバンのモバイルWi-Fiルーターの代わりにauの+WiMAXスマホISW13HTを持ち歩くこととなった。

ス ペック上はWi-Fiルーター(ULTRA SPEED  42Mbps/5.7Mbps)も+WiMAX(40Mbps/15.4Mbps)と大差なく、はたまたそんな上限速度を求めるような使い方もしていない ので普段は3Gで安定して繋がってさえくれれば満足なんです。

ところが、実際に外出中に使おうとしてみるとなぜかテザリングモードで常時待機しているはずなのに接続できない事例が多発し、強引に接続しようとしても公開設定なはずのSSIDすら他の端末から見えない事が多い。

常時テザリング(常時ONモード)でルーターのように運用しているのでISW13HT本体はカバンやポケットの中にずっといるんですが、取り出して見てみると、あれ?ってな事が。

どうも勝手にテザリングが解除されてしまったり、解除操作をした直後にONになったりとなにかと不機嫌な挙動を示してくれています…

そんな不機嫌な現象を確認した当初は「所詮はテザリングなんておまけ機能だからこんなに不安定なものなんだろうな」というふうに思っていたのですが、あまりの不安定さにやはりなんとかしたくなるもので(^^;

いろいろと試してみていると、どうやら購入直後に更新されたau marketアプリが不思議な動作をしているっぽい事がわかってきました。

原因や動作について詳細は突っ込んでないけれど、なんらかのきっかけでau marketアプリが通信を試みようとしたタイミングでテザリングが解除されてしまっている様子。

試しにアプリケーションの管理からアップデートのアンインストールをした上で無効化してみると、それまでの不機嫌さが嘘のように素直にいつでもつながる。

au marketアプリは定期的にインストールされているアプリの更新がないかどうかをチェックしているものと思われ、その動作自体は問題にはならないものの、その通信経路を確保しようとしてWi-Fiでの通信をしようとしてしまっているのかもしれない。 当然ながらテザリング用に利用しているWi-Fiを解除して通信を試みるので、自動的にテザリングが解除されてしまうという流れなのではないかなと推測されるところ。

この推測が当たってようが外れてようがアプリ動作上のバグであるのはほぼ確実なので、au marketを利用する予定のない方は当面au marketアプリのアップデートをアンインストールした後にさらに無効化してしまうことをおすすめします。

すれちがい通信してますか?

我が家では年末に3DS LLを買ってからというもの、すれちがい通信を楽しんでます、いまさらの参戦ですが(笑)
持ってないとなんのこっちゃという話しですが、3DSってば Miiというアバターを作っておくんですが、スリープ状態(画面を折り畳んだ状態)で持ち歩いたりすると、近くを通りかかった人の3DSと互いに通信して互いのMiiが互いの3DSにお邪魔するんですよ。
で、もともと内蔵されているゲーム「すれちがい伝説」とか「ピースあつめの旅」とかいったものにそのすれ違った方のMiiが登場することになるわけなんですが…
ゲームの進行もさることながら、すれ違った人の住んでいる地域が表示されるんですよね。 で、年末に使い始めてから今日までに16都道府県の方々とすれ違ったらしいです(^^) とくに初詣から帰ってきたときにやたらといろんな地域の方とすれ違ってましたから、楽しいなあ~と素直に思いましたね(^^;
この写真のようにパズルみたい地図上に表示されると、はやく日本全国の人とすれ違ってみたいもんだとがんばって持ち運んでしまいます(^^) ※新大阪の駅あたりでぼーっと待ってればかなりすれ違いそうだけど(笑)

20130124-101246.jpg

ねこの季節

寒いですね。
特にここのところは本当に寒い。厳しい寒さ。

そんなわけで、普段ネコの寝床となってる我が愛車を駐車場から出すと、背後からネコが見送ってくれてます。

きっと「くそー、このくそ寒いのに寝床を持っていきやがって」と思われてんでしょうけど(^^;

お願いだからエンジンルームで寝るのはやめてほしいなあ(^^;

20130122-191613.jpg

1TBのUSBメモリってば

Kingstonから、いまのところ世界最大容量の1TB-USBメモリが出るのだとか(^^;
いま現在でも512GB品が発売中らしいが…

いやぁ、日常的にトラブったUSBメモリやSDカードを目にしている身としては、そんな大容量のフラッシュメモリなんて怖くて怖くて(^^;

もちろん、一時的なデータ移動用として割り切るのなら、その大容量が活躍する機会というのもあるとは思うのですが…

どちらかと言うと、一般のお客さんは純粋に大容量のデータ保管用と考えてしまう兆候があるので、容量があればあるほど大量かつ長期間のデータ保管用として使ってしまうことになってしまうわけでして…

1TBもの容量のデータがいっぺんに消失してしまったらと考えると、仮にウチに救助依頼がきても相当のパワーが必要になってくるってのもありますけど、やっぱり個人的にも使うの怖いなあとつくづく思います(^^;

Wi-Fiルーターを廃止して

代わりにauに乗り換えてしまいました。

とは言うものの、そもそもWi-Fiルーターはデータ端末だし実際に契約を動かすと割高な違約金を取られてしまうので、プランを変更して0円相当の寝かせ回線化。

実際にはSPモードの使い勝手が強烈に悪くて頭にきてたドコモ回線からMNPでauへ。
LTEが騒がれているこのご時勢にわざわざと思われるかもしれませんが、これでWimaxのモバイルルーターが1台できあがってしまいました。
(※実際にはスマホですけど)

どうせ月額維持費が同じならば、なるべく活用できるほうがいいですからね(^^;

というわけでdocomo端末にはいろいろと勉強させられることも多々ありました。
たとえば…

CP932って文字コードでエンコードされたメール本文がドコモスマホでは盛大に文字化けしまくるとか(^^;
※iPhone5で普通に「~」(2種類あるうちの片側ね)を入れてメール送信するとCP932でエンコードされます。ドコモ相手に送信するときはUTF-8でエンコードするのがベター。

SPモードは90日ごとにキャリア回線側での認証をしないとWi-Fiでの受信ができなくなる仕様だとか(^^;
※マイアドレスの取得にパケ代はかからないというキャリア側からの回答ではあるものの…ね。

それよりもなによりも、やはりキャリアやメーカーから押し付けられるアプリが大きすぎて、メモリ容量に余裕のない端末ではアプリのアップデートすらできなくなる仕様であることをたっぷりと見せつけられてしまいました。

さて…これからはauさんでwimax端末。
どのような特徴があるのやら、いろいろと触ってみるのが楽しみです(^^)

データ復元をはじめたのは

私自身のルーツといえば25年くらい前だろうか、当時 高校生だった私には、どうしても取り出したい画像データの痕跡をみつけるために、フロッピーディスクの内容をセクター単位でダンプリストを表示させながら1byte単位で根気よく手探りで探してたのがそもそもの始まり。

ろくにツールもなく、情報もなく、ネットすら無かった当時だから本当にカンだけが頼りだったけど、おかげで、ディスク上にどのようにファイルが格納されているのかという基本を知ることができたし、現代においてもその基本はまったくと言っていいほど変わっていない。

さすがに今のメモリー容量やデータ容量は、当時と比較にならないくらい広いメモリ空間を見る必要があるので、とても手探りでなんてことはできなくなってるでしょうから、後身に同じ経験を積めというのは無理でしょうけど(^^;

当時は磁気媒体で磁石と熱にさえ気をつけていればデータの安全性は割りと確保できたけれど、いまのフラッシュメモリなんて電気的な接続や更新のプロセス中にまとめて消失するなんてことも日常茶飯事ですから、利用者側で気を付けると言っても限界があります。

今は事業として行う以上ある程度の料金設定をしなければ会社として立ち回れなくなってしまいますが、特に写真データのような大切なものの復元は、いずれはボランティア的に活動していけるようにNPO化でもしていきたいな、そんなメンバーが集められればいいなあと今でも夢見ています(^^;