XperiaZ5からZenfone5(2018)へ機種変更

ここ3年ほどソフトバンク仕様のXperiaZ5を使っていたのですが、これがなかなか曲者
ソニー純正のBluetoothヘッドセットをペアにしてあるにもかかわらずブチブチと接続が切れまくる。
使っていないときに切れてくれる分には別段どうとも思わないのだけれど、通話呼び出しの時にまともに取れないことが日常茶飯事。
さらにここのところ1日1回はかってに再起動がかかるという状態になってしまって、まともにキャリアメールも受信できなかったり様々な不具合を出していてストレスフルな端末だった。
そもそもスペック重視で実用無視であることは使い始めた当初からうすうす気づいていたのだけれど、例えばご自慢の高解像度カメラでの動画撮影なんて夏場だと数分で本体が発熱して自動停止するので使い物にならなかったし、Androidのアップグレードもソフバンからは早々に切り捨てられてしまっていて同じZ5でもドコモ仕様やau仕様のものとは全く違った雑な扱いを受けていたし、弄り倒して遊ぼうにもルート化の道は塞がれていて楽しめなかったし(苦笑)
(静止画の撮影ははさすがに綺麗だったから余計に惜しい)
そんな端末でも、安定動作さえしてくれていれば通話が主な用途なので特に不便を感じなかったであろうけれど、それがいよいよ通話にまで不具合を出し始めたので運用で乗り切るのを諦めてしまった。まったく不本意だ。
というわけで、通信回線として契約しているmineoさんでZenfone5(ZE620KL)の取り扱いもあったので、カラーの選択肢が少なく多少迷ったもののえいやと発注。オンラインで申し込んでから3日目の午前中には手元に届いていた。
さすがに3年の月日がたっていると同じAndroid端末とは思えないほどサクサクと動く。顔認証も指紋認証も引っかかりを感じさせることなくスムーズだ。むしろ顔認証がスムーズすぎてロック画面の通知がまったく読めないのは逆に困ったものだが。
初期設定はZ5と背面同士をあわせてやることでNFC経由で勝手に通信をしてある程度の情報引き継ぎは勝手にしてくれた。
電話帳データについては一旦Z5でエクスポートしてvcfファイルを端末内に置き、AndroidビームをつかってvcfファイルをZenfone5側に転送してやればあとはインポート操作だけであっという間に済んでしまう。案外楽なもんだ。
LINEについては引き継ぎの手順があちこちのサイトに出ているが、まずはZ5でトーク内容をGoogleアカウントにバックアップして引き継ぎ設定をオンにしてあげれば(もちろんメールアカウントとパスワードの設定は事前に必要だが)、あとはZenfone5側にインストールしたLINEアプリでログインしてトーク情報を復元操作するだけで簡単に元どおり。
このあたりは我ながらずいぶんと手慣れてきたもんだ。
Zenfone5を使ってみて意外だったのは、
通話録音の機能が標準で備わっていること。常時勝手に録音してもらうように設定しておくと後から聞き直しができてありがたい。
反面、留守番電話の機能が見当たらない。見つけられていないだけかもしれないがとにかくあるのかどうかすらわからない。
ネットワーク側が勝手に応答してくれるから無くても良いのかもしれないが。
ツインアプリとして、1つの端末でLINEやFacebook、Instagramやツイッターなどのアプリを複数使うことができるというのも需要がけっこうあるのかも。
内部的にどういうアプリ名で扱われているのかよくわからないが、アプリの通知をそれぞれ別に設定することはできるらしい。
値段が抑え気味でもちろんスペックも抑え気味だけどなかなか実用性を重視している印象は受けるなあ。

カテゴリー: 雑記帳   作成者: Master パーマリンク
Master

Master の紹介

株式会社パソコントラブル救助隊で公式サイトを含めたウェブマスターを兼任しています。 趣味はカメラとぶらり散歩。日々感じたことを忘れないうちに雑記帳に書いています。