AirPods Proの音質のカスタマイズ方法

これは本当に趣味の領域の話になりますが、よろしければどうぞお付き合いくださいませ。

私が日常でAirPods Proに頼るのはどちらかといえばビデオ会議や電話などで通話するために使うことがほぼ7割、あと2割ほどはPodcastなどでラジオ番組を聞いている程度なので、あまり音質など気にしたことが実は・・・ありません。

でも、たまに真面目に聴きたくなるときだって当然あります。

■ワイヤードのイヤホンを使っていた頃の設定

AirPods Proを使う前はワイヤードのイヤホンを使っていたのですが、EarPodsの他には耳あたりがよかったのでSONYのMDR-EX25-APを使ってました。

ただその時は割と音楽を聴くことも多かったのでイコライザ設定を有効にしていたことをすっかり忘れていました。

ちなみにワイヤードのとき、もっとも聴き心地がよいと思っていたイコライザ設定は「Jazz」でしたが、そのままの状態でAirPods Proで音楽を聴いてみるとどうも音が薄っぺらく感じてしまい・・・ワイヤレスってこんなものなのかな?と半ばあきらめかけたときにイコライザ設定を変更したままだったことを思い出したしだいです。

■イコライザ設定はここ

iPhoneの場合「設定」アプリを開き、「ミュージック」アプリの項目を開くと画面の下のほうにイコライザという項目があります。

特にいままで何も設定を変えてない場合にはこの中身は「オフ」になっているはずですが、私のように「Jazz」などにチェックマークが入っている場合があります。

このなかで私が個人的に聴き心地が良いなと感じたのが「Late Night」です。

イコライザ設定画面

音の好みや耳の聞こえ方特性によって最適な音響効果というものは個人個人で異なってくるものだと思っています。

聴く音楽のジャンルや音の好みによっては重低音を響かせるような設定が好まれる傾向もありますが、私個人的には中音域ののびが自然なほうが聴き心地がよく音楽に没頭できるように思います。

■ところでAirPodsは耳の特性にも合わせてくれます

すでにご存じの方も多いかもしれませんが、AirPods Proは使う人の耳の特性に合わせた音質の調整もできるようになっています。

ヘッドフォン調整画面

この設定はAirPods Proを接続している状態でないとメニューが出てこないのですが「設定」ー「アクセシビリティ」から「AirPods」を探し出し、さらに「オーディオアクセシビリティ設定」から「ヘッドフォン調整」を開くとさらに耳の特性にあわせた音質を選ぶこともできるようになっています。

ヘッドフォンカスタマイズ画面

個人的にはあれこれと触ってみた結果「バランスの取れたトーン」に設定しているのが結局良かったような印象ですが、これも個人個人の耳の特性があるので一度のぞいてみるのも良いかもしれません。


消えちゃった動画や写真データの復元は
安心安全な『株式会社パソコントラブル救助隊』へ。
https://hqsecure.net/

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。