100円でAmazon Echo Spotの角度調整を

■TV電話が急激にメジャーになり始めましたね

いずれ役立つ時があるだろうと、私も実家にEcho Show5を設置しておいたのですが、いまひとつどう手ほどきすれば使いこなせるようになるのか糸口が見つからぬまま、ずっと実家でも我が家でもただの時計としてのみ使っていたのでありました。

しかし、この外出自粛ムード全盛の時期になんの前触れもなく突然、我が家のEcho Spotへ実家の側からテレビ電話(通話)の呼び出しが(笑)、実家の親のほうが勝手に成長した稀有な例かもしれませぬ。

そんなわけでこの帰省シーズンにもあちらこちらで役立つかもしれないAmazon Echo Show(5/8)は、ますます売れ行きがよくなるのでしょう。あるいはGoogle Nest Hub派も少なくないのかもしれんが。

■カメラの角度がちょっと難

しかし我が家の(私の部屋の)Echo Spotは狭い机の上に直接置いているのではなく15センチほど嵩上げした台の上に置いてあるので、椅子に腰掛けていると私の顔がほぼ映らない(笑)

このままでは使い勝手が悪いのでなんとか角度をつけたいのだけれど、Echo SpotやEcho Show5などのアタッチメントとして販売されているチルトスタンドはちょっとお高いうえに余計な高さがついてしまうのが難点。

個人的には、ほんの1センチほど本体後ろ側をかさ上げできれば顔が自然に映る角度になるので、なにか活用できるものはないかと思案したあげく・・・ありました。

■100円ショップで調達

100円ショップでなにか良い素材でもないかと探してみたところ、ありましたよすぐ手軽に使えそうなものが。

地震などによって家具が転倒するのを防止するために箪笥や本棚の下に差し込んで使う「家具転倒防止安定板」です。
私が買ったのは樹脂製で、2個入りで100円。

EchoShow シリーズなら2個使い、EchoSpotなら1個使いでちょうど良い感じで角度をつけることができ、しかも段々になっているので角度調整も思いのまま。チルト機構が入るわけでもないので全体の高さアップも1センチ未満で済むので邪魔にもならずちょうど良い感じで使い勝手がよくなりました。


消えちゃった動画や写真データの復元は
『株式会社パソコントラブル救助隊』が安心安全。
https://hqsecure.net/

雨の中で咲いておりました

いよいよ緊急事態宣言というものものしい宣言が出てしまい、ウチも今までよりも一段上の自粛体制に入ったわけですが。
ありがたいことに少し前に複数まとめて戻ってきた古いiPad AirでもFaceTimeは簡単に使えるおかげで、ちょっとしたリモートワーク環境はすぐに構築できたのは幸運というべきか。

それはさておき、せっかく苦手な冬がすぎて暖かくなってきたというのに(花粉に苦しめられるのはここでは忘れておくとして)、やはりカメラをぶら下げて自由に撮りに出かけられないというのは個人的には非常にストレスがたまる毎日です。

というわけで、しばらくは軽い運動代わりにご近所でもぐるっと歩いている最中にでも、ちょっと気になるような道端で咲いている花でもスマホで撮って歩こうかと画策しておりますが、いやむしろこういうご時世で小学生や中学生の集団と遭遇することもないので大きな一眼レフをぶら下げて歩いていても不審者扱いされなくて済むかもしれませんが(^^)、さてそんなモチベーションが自粛ムードを必要としなくなる時期まで維持し続けられますでしょうか否か。

いまでは住吉大社や四天王寺も新型コロナウイルス拡散防止の一環として門を閉ざしてしまっていますが、まだ緊急事態宣言が出る前に諸用ででかけた際に雨の中でみごとに咲いておりましたのを手元のiPhoneで撮ってきました。
雨粒がみずみずしさを演出していて思わず食べてしまいたくなる印象だったのですが、さすがに雨天ではちょっと暗めになってしまいますね。

1日も早く、賑やかな風景を自由気ままに撮りに出かけることができる日常が戻ってきますように。

iOS・MacOSのメモアプリが案外パワフルで

私個人的に、いろいろと読みかけの記事やら書きかけの内容やらまとめておきたいデータやらの保存先としてEvernoteを長く使っていて、これはこれで使い慣れていることもあって非常に重宝しているのですけれど、なんとなくMac版の細かなバグに引っかかったりする機会が増えてきていて、なにか代わりになるものはないだろうか?と探しつづけております。

iPhoneはかれこれiPhone4の頃から使い始め、いったい何年になっただろう、いまのiPhoneXSに至るまで何代か渡り歩いていて、いつの間にやらMacBookも日常的に持ち歩くようになってきてけっこうな年月が経過しています。

その間、MacOSもiOSもどんどんパワフルにバージョンアップされてきて、ふと普段使っていない標準搭載アプリを開いてみると「えっ、いつの間にこんなに充実したの?」って驚くこともしばしば。

今回、ほとんど今まで見向きもしていなかった「メモ.app」がいつの間にこんなに充実していたの?と驚いたので忘れないうちに書いておきます。(きっともっと早く気付いて有効に使っている方々からは「なにをいまごろ」と思われているとは思いますが)
なお、iOS・MacOS版と書いていますがもちろんiPadOS版も同様にパワフルになっているようです。

■iPhoneを手元に置いてMacでメモを書く

Mac側でメモ.appを使うシーンを想定します。
画面左端には使用しているiCloudアカウントが表示され(複数のアカウントを設定している場合にはそれぞれ)、デフォルトで作成されいる「メモ」フォルダが表示されます。

ジャンルごとにフォルダ分けをしたい場合には「+新規フォルダ」をクリックすると新しいフォルダが使用しているiCloudアカウント内に作られます。もちろんフォルダ名は自由に変更することができます。

新しいメモを作成する場合にはメモ.appの画面上部にあるアイコンのうち、おなじみの□にペンが斜めに刺さったようなアイコンをクリックするとすぐに「新規メモ」というタイトルが表示され、新しいメモに編集画面で文字を入力できるようになります。

私は単純にテキストをひたすら打ち込むことが多いのですが、文字の装飾や表の挿入なども当然のようにできます。

さて、ここまでは単純に書き込んだメモをiPhoneの同名アプリと同期できるというだけにすぎないのですが、実は編集時にもiPhoneの機能を有効に使うことができます。

メモ.appのメニューに写真を重ねたようなアイコンがあるので押してみましょう(あるいはファイルメニューのiPhoneから挿入でも同じです)。
そうすると3つほど選択肢がでてきますが、まずわかりやすいのは「写真を撮る」。
選択したとたんに側のiPhoneが写真撮影モードで起動します。
試しになにか撮影し”写真を使用”とすれば、それがメモに貼り付けられます。

つぎの「書類をスキャン」も操作は似たような感じになりますが、撮影したなかでスキャン範囲を調整してからメモに貼り付けることができます。

で、「スケッチを追加」。
選択したとたんに側のiPhoneの画面が点き、ペンやマーカーが表示されて手書き編集画面になります(iPhoneで写真にマークアップするときと同じ感じです)
適当に手書きしたあと、その内容がメモ.appに貼り付けられるのはなかなか楽しい連携です。

もちろん、他の様々なアプリの「共有」メニューからメモ.appへと直接記録しておくこともできますし、iPhoneのメモアプリにも即座に反映され編集も自由にできます。

iPhone側では共有メニューの「よく使う項目」にメモアプリを表示させたほうが使い勝手がよくなるので、
Safariなどの共有画面から「その他」を選び、よく使う項目へメモを追加しておくとなお便利。

これならば、Mac版のEvernoteアプリで比較的長いテキストを書いている最中によく遭遇するバグに思考を中断されることもなく、メモアプリで充分に代用とすることができそうです。
(あ、MacとiPhoneとiPadはうまく連携してくれるけれど、Androidとの連携はどうしよう・・・)

不具合の起きたSDカードの再利用は避けて

復元ご依頼品として日々多くのSDカードなどをお預かりしておりますが、症状はさまざまで一律でこうしたほうがよいと言い切るのは危険だと感じることが多々あります。

その中でも特に、復元作業後のカードは再び使用することができるのか?と問われることがしばしばあるのですが、こればかりは本当に納品直前まで判断保留となることも多いのでついついお応えするのが遅くなりがちです。
一例を挙げますと、内部メモリの読み取り作業には大きな支障もなく、応答速度も平均的で問題なさそう…と思っていても、いざデータ書き込みチェックをしてみると全く受け付けてくれないような状態だったりします。

また、解析時にはさほど支障はなくても一部のメモリ領域の反応が極端に怪しかったり、納品準備の段階でどうしても動作が安定しないなど、顕著ではないものの不安要素を抱えた事例はたくさんあります。

そもそもデータ消失が発生した場合には、殆どの事例でカードの動作になんらかの原因があって消失に至っています。その根本原因を突き止めることは不可能なことも多く、再現性が低いものが少なくないことも事態をややこしくしています。

そのため、動作不安定な兆候がみられたカードについては、一時的に正常に利用できるように見えたとしてもその後ふたたびデータ破損やデータ消失が発生する可能性が高くなっていると考えたほうが良く、弊社からの納品時には特にそういった兆候が見られたときには添付している書類にもその旨をあえて記載するようにしています。

そう言った記載がない場合であっても、不具合を起こしたカードについてはなるべく再利用せずに新しいカードへと買い換えることを強くおすすめいたします。

そうえばLINEオフィシャルになりまして

数年前からLINEでの相談受付も行っていたのですが、このたびLINE側のサービス変更に伴って弊社も正式に認証してもらおうということになりまして、1月中旬よりLINEオフィシャルアカウントへ移行いたしました。

まだウェブサイト上の記載には一部旧来のものも混ざっていますが、すべてオフィシャルアカウントのほうに転送されておりますのでご安心ください。

実際、登録認証を受けたからといって機能的に何が変わるわけでもない様子ですが、微妙にオフィシャルバッチの色が濃くなっているのと、検索結果に表示されるようになっているらしいです。

じつは裏方では1:1チャットのAI自動応答についても少し試している最中なのですけれど、いまひとつ想定外の言葉をかけられたときの応答が冷たい感じがしてしかたないので今のところオフにしております。(ときどき実験中に問い合わせをいただくと自動応答している場合があるようですが、スタッフが発見しだい随時手動応答に切り替えておりますのでご容赦ください)

https://lin.ee/vaSrxYs

https://lin.ee/vaSrxYs

もし「復元できない場合には作業料金は…」いただいておりません

ちょっと長めのよくあるお問い合わせへの回答その4

「もしも復元希望のデータが充分に復元できない場合でも作業料金はかかってしまいますよね?」というお問い合わせもわりとよくいただくのですが、他社はさておき弊社では復元ご希望のデータが充分に救出できない場合には作業料金は一切いただいておりません。(ドライブレコーダー専用コースは例外的に検査料金が発生します)

きっと、弊社の宣伝方法が悪くて目立たないからお問い合わせいただくことになるのでしょうけれど、
他社の事例としては、復元できようができまいが満額請求になる、とか、1枚でも復元できたら満額請求になるとかいった話は昔からよく伺っておりますものの、それではけっしてお客様の納得は得られないであろうということから、弊社では創業依頼「必要とされるデータが充分に救出できない場合には作業料金はいただかない」という方針を貫いております。

こういう書き方をするとよく勘ぐられるのですが・・・いや、むしろ裏をかくような悪質な事例が世の中に溢れている証拠なのかもしれませんが「作業料金」はかからなくってもその他のたとえば「検査料金」とか「受付料金」とかなんとかいう高額請求があるんでしょ?などと深掘りされることもあります。

実際、弊社のメニューの中でもドライブレコーダー復元の専用コースだけは工数がかかりすぎる都合上、泣く泣く「検査料金」という項目を追加しましたが、あくまでもドライブレコーダー専用コースのみの話であって、その他のサービスには一切そういった請求項目を追加することはありません。

ですので、弊社としては、とにかく満足いただける復元結果を提出できない限り1円も儲からないどころか検査工数分だけ赤字になるという背水の陣で挑んでおります。

「良いSDカード」のメーカーはありますか?

職業柄、さまざまなメーカーのカードをお預かりすることとなります。
そして同時に、お客様から「メーカーによって不具合の出やすい・出にくいところってあるんですか?」という疑問をぶつけられることも少なくありません。
そのつど口頭ではさらっとお知らせしていることではありますが・・・あきらかに不具合傾向の強いメーカーもあります。

もちろん、安価に投げ売り状態になっていて大量に流通しているからこそ依頼品として預かる割合も高くなる、という傾向もあるかと思いますが、実際にこちらの現場ではメーカーによる不具合症状の傾向というのもわりと偏りを感じます。

具体的に悪い傾向の多いメーカー名をここで公にしてしまうとなにかと苦情が入りますし、そういった対応に時間を避けるほど弊社も余剰人員がいるわけではありませんので名前を書くのはぐっと控えさせていただきますが、

とにかく「昔は良いメーカーだったのになあ」と思うところが2社と、
ずっと安定してよい品質が良くなおかつ物理不良でも比較的頑張ってデータを吐き出してくれる傾向が強いメーカーが1社と、
あとは国内でよく聞くメーカーなのにずっと品質が改善された気がしないなあというところが3社と、
業務用に特化しすぎてコンシューマ向けはどうなんだろう?と思うところが1社と、
メジャーで高価なためかあまり数がこないなというところが2社と、
その他のお手頃価格で入手性もすこぶる良くてハズレを引く確率もずいぶん高いところが数あまた。

常日頃から「過去の情報に縛られずにつねに情報をアップデートしていかないとだめ」と口癖のように言い続けていますが、そんな私にとっても1社だけはずっと良い傾向を保っていてさすがだと感じています。

とにかく、迷ったらサンディスク一択という状況はまだまだ当面揺らぎそうにありません。

「遠方ですが対応いただけますか?」というご質問。

ちょっと長めのよくあるお問い合わせへの回答その3

弊社は流通の充実している大阪市内という立地を生かし、全国のお客様からのご依頼品をお預かりしております。
連日多くのお客様から救出ご依頼を受けますが、7〜8割は遠方からのご依頼です。地域でおおくくりしてしまうのは多少気が引けるのですが、関東や中部地域だけでなく、北海道や沖縄、九州に四国、東北に中国地方、あるいは海外からも依頼品が到着しておりますのでむしろ近畿圏よりも遠方からのお客様のほうが多いと言っても間違いではないでしょう。
なのでむしろ遠方でも大歓迎です、日常的に承っておりますからご安心ください。

輸送手段についても最近よくみられるのはレターパックで、プラス(全国一律520円)やライト(全国一律370円)で到着する案件が非常に多くなっております。
比較的安価で追跡番号も発行されることや、封筒さえ購入してしまえば差し出しは郵便ポストでもOKという手軽さが選択される大きな理由だと思いますし輸送日数も他の宅配便と遜色ないのでおすすめです。

ただ、SDカードはレターパック封筒に対してかなり小さいものなので、普通の郵便封筒などにカードを入れてそれをさらにレターパック封筒に入れるなど一工夫あるとより安心だと思います。

「取り出した写真の中身は見られますか?」というご質問。

先日から記載している、ちょっと長めのよくあるお問い合わせへの回答その2

これは逆に申し訳ないのですが、弊社の1日あたりの作業規模から言えば、写真に換算して毎日数十万枚以上のデータを取り扱うことになり、さらに日を追うごとにこの数も増え続けているのが実情です。
その膨大な数の写真をいちいち人の目で閲覧できるかというと、とてもじゃないですがそんな暇はありません。

いや、もちろんお客様のご依頼に基づいて「こんな内容の写真があるか確認してもらいたい」というご要望であれば当然ながら柔軟に対応させて頂いておりますが、特に内容について閲覧指示のない場合には救出データは自動機によるエラーチェックのみとしております。

そのため、ご希望いただかないかぎり内容の閲覧確認をする必要性はありませんし なおかつ いたしません(と言うよりも、むしろそんな時間的猶予はまったくありません)ので、ある意味プライバシー保護という観点では、作業人員が何十人と居るであろう大手業者さんよりも遥かに安全と思っていただけるのではないかと自負しております。

「削除操作は上書きと同じ悪影響を与えます」

よくあるお問い合わせへの回答はFAQのページにもそれぞれ簡単にお答えしておりますが、それらの中でもとくに、ちょっと長めに記載しておいたほうが本当は良いのだろうなという事項をいくつかあげてみたいなと思います。
ちょっと長めのよくあるお問い合わせへの回答、というシリーズにできたらよいなあ。

まず、もっとも目立つのが、復元作業の対象SDカードを送る際に「上書きしてしまったぶんの写真や動画を削除してから送ったほうがよいか?」というご質問。
これは、結論から言えば削除せず残しておいていただいた方が良いことづくしです。
理由としては
(1)復元対象を判別しやすい
(2)削除という上書き行為による影響を排除できる

とくにこの(2)ですが、削除=上書きと同等の悪影響を与えてしまう操作だと言うことはあまり認識されていることは無いようで、逆に関係ないものは消しておいたほうが復元しやすくなるだろうという判断で削除していただいているケースも多々あるようなのですが・・・
実際のところ、復元対象のメモリ領域からみれば、削除という行為は空白データで上書きしていくようなものなので(厳密とは言い難い話ではありますが)、できるだけ削除操作も避けていただいたほうが復元率は確実に向上します。

弊社としては、とにもかくにも救出依頼をくださったお客様に最大限ご満足いただける結果を提供させていただくことが唯一の目的ですので、なにかわからない事があれば、わからないまま操作を続けてメモリ状態を悪化させてしまうよりも、どんな事でもお気軽に問い合わせていただいたほうが嬉しいです。