microSDカードアダプタ

よく、SDカードを使用するデジカメなどにmicroSDカードを流用するために、SDカードサイズに変換するアダプタを利用されているという話しをうかがいます。

基本的には両者はサイズの違いだけなのでなんら問題なく利用でき、スマートフォンなど他の機器との共用も考えられるなど良いことずくめにも感じるんですが、一つ大きな落とし穴があります。

カードアダプタは単純な構造で済むためにmicroSD購入時に付属していることも多いのですが、単純なゆえに作りそのものがチープなものが多く、少し力が加わるだけでも内部の接触が怪しくなるものがよく見られます。

カードへのアクセス中に抜き差ししてはいけないということはほぼ常識として浸透しつつあり、意図的にアクセス中に抜き差しをされるということはほとんど無いと思われますが、アクセス中やなカードアダプタ内部で接触不良などが起こると、機器からみれば抜き差ししているのと同様になってしまいます。

応急利用には確かに便利なカードアダプタですが、無用なアクシデントを減らしデータ消失のリスクを避けるためにも、できればSDカード利用の機器にmicroSDを常用するのは避けたいものです。

「写真や動画データの救出には:株式会社パソコントラブル救助隊

フォーマットしてください

SDカードなどのメモリーカードを使っていて、なんらかのアクシデントによりファイル管理領域のデータが破損した場合の典型的な例がいくつかあるのですが、そのうちの1つが「フォーマットしてください」あるいは「フォーマットされていません」というメッセージが表示されるというものです。

主にWindowsパソコンや一部のデジカメなどで、接続されたカードのファイル管理領域が破損していると認識された場合に表示されるメッセージの1つですが、このときメッセージに従ってフォーマット(初期化)してしまうと、カードに記録されていた内容が全て削除されてしまうので絶対に行ってはいけません。

仮にフォーマットしてしまった場合でも復元できる可能性はまだ充分に残されていますが、それでも元のでデータに確実にダメージを与えてしまうので、できる限りフォーマットなどの操作をせず、またPCやデジカメ等にも接続せずにカードを取り外した状態で保管することが最もよいコンディションを保つこととなります。

「フォーマットしてくださいと表示されたら:株式会社パソコントラブル救助隊

メモリーカードは消耗品です

メモリーカードは消耗品です。この基本的な認識が販売者側に忘れられているように感じられます。

本来は購入にきた方に対して「消耗品という性質なのだからその時に必要な容量をおすすめする」というのが本来の姿だと思うのですが、よく店頭などの説明を聞いていると「容量が多ければ沢山の写真を保存しておけますよ」的な説明をして、なるべく大容量のカードを売ってしまいたいという目的がミエミエだなあと思ってしまうことがあります。

また逆に、店員さんは真摯にお客さんの用途を聞き出して最適と思われるものをオススメしているにもかかわらず、前述の説明のような理解をされていて店員さんの進めるものよりはるかに大容量のカードを買い求めていかれるようなシーンも目にすることがあります。

いくらデジカメが高画素になり写真1
枚あたりのデータ量が増したからとはいえ、静止画撮影を前提としている限りはRAW撮影をデフォルトにでもしない限り、数日で16GBや32GBの容量が
必要になるという使い方はまず無いでしょう。

もちろん、動画撮影を行えば容量は湯水のように消費しますが、そもそも30分や1時間の長時間撮影をされるようなシーンが頻発にあるかどうか?という事をよく考えて頂ければ、その必要性はかなり低くなるんじゃないかというのが予想されます。

それでも、いつどの程度の撮影をするかわからないけどオールマイティに使える状態いにしておきたいという心情は理解できますので、例えば普段は大容量のカードをセットしておき、実際に撮影に利用される際にはもう少し小回りの効く容量のカードに入れ直して使うといった方法もあるのではないかと考えてます。

もちろん、沢山の写真を持ち歩いて、いつでも人に見せることができる状態にしておきたいという目的もあるかもしれませんが、そういった場合にもカードに撮りっぱなしにせずに、こまめにPC等にコピーをとっておくことが、大切な写真を失ったりしないための最善の策である事を忘れてはいけません。

「大切な写真や動画データの救出には:株式会社パソコントラブル救助隊

浮気調査にも利用されます

あまり大々的に言えるような話題ではないかもしれないのですが、データ復元という業務の性質上はやはり隠蔽された証拠を掘り出すという目的でご依頼をいただくこともあります。

もちろん、個々の案件については弊社も守秘義務を追っているという点からもご依頼くださるお客様にはとても信頼を頂いており、復元対象のデータに関してより具体的な内容をお知らせ頂いた上での作業となることもしばしばあります。

特に最近では、スマートフォン本体メモリの記録内容も一部復元ができるようになった事から、本体を2~3日お預かりできる間に内部データをコピーし、本体を返却した後に時間をかけてでも解析を行うという事例も徐々に増えてきております。

こういった目的では、実際には希望データが出ない方が良いのかもしれませんが、既に話しが進行していて弁護士からの指導でメールや写真のデータを確保しておきたいという事情をお聞きすることもありますので、弊社としてもご依頼者様に対して最善の結果が出せるようにとの思いを忘れることなく解析作業に努めております。

「証拠データの復元には:株式会社パソコントラブル救助隊

格安のSDメモリーは

日常的に不具合の発生したメモリーカードを見るという、少し特殊な現場ならではの感覚かもしれませんが…

市場には色んなメーカーの色んな種類のカードが販売されているはずなのに、なぜか見かけるものに偏りがあるんです。

当然ながら、それだけでは単純に市場でのシェアが高いか低いかというだけの判断にとどまりますが、実際には壊れ方まで傾向があったりもするわけで、社内では言葉にはできないようなジンクス的なものまでが自然発生するくらいです。

一時期はさすがに、集計してデータを公表しようかとも考えたのですが、さすがにそれをやってしまうとメーカーさんを敵に回してしまいかねないので差し控え、サービスをご利用頂いたお客様からご相談をうけた場合にはこっそりとお伝えする程度に留めています。

ですが、明らかにメーカーによる不具合の差異というのは存在しておりますので、基本的にはあまり格安で販売されている大容量カードなどは疑ってかかったほうがよいのかもしれません。

判断指標の一つとして、あくまでも価格の相場からかけ離れた安値で販売されているようなものは、なるべくこまめにバックアップをとるなど使い方たに工夫をされることをおすすめします。

「万一の不具合時のデータ救出は:株式会社パソコントラブル救助隊

SDメモリーの不良品

ざっくりとした表現になってしまいますが、現在市場に流通していて一般的に購入することのできるメモリーカード(SDカードやmicroSDカードなど)は、大変入手性もよく、価格もこなれていてとても買いやすいのですが、便利な反面、価格の下落や急激な大容量化の影響もあって、潜在的な不具合を抱えた状態のものも多いように見受けられます。

実際、メモリーカードなどはメーカーでの全数検査を行うのはコスト的にとても見合わないので、ある程度の製造ロット単位で抜き取り検査が行われるだけというのが現状です。

そのためか、利用中に突然反応がなくなってしまうようなカードも紛れ込んで販売されている可能性が比較的高くなるのですが、メモリーカードというものは一気に全領域を消費するような使い方たをしないために、なかなか購入後も不具合に気づかないまま使い続けてしまうことが多いようです。

ところが、ある程度の期間写真撮影などで使っていて、ある日そのカードの不具合領域にアクセスしてしまったがために不良であることが露見した・・・という時にはすでにそれまでの過去のデータを巻き込んで破損してしまうという事も現実に発生してしまうのです。

そんなことにならないようにするためにもカード購入後はできれば全領域検査を各個人で実施してから利用開始するのがいいのですが、実際には専門的な知識と検査時間が必要となってくるので、なかなかに難しいものとなります。

弊社では、お客様に代わってメモリーカードの全領域検査を実施し、あらかじめ不具合が潜んでないカードを選別するという対応も行っておりますので、より安心快適に写真撮影を行って頂くためにも、ぜひご利用をおすすめ致します。

安心できるメモリーカードは:株式会社パソコントラブル救助隊

上書きしてしまった場合でも

本来、データ復元の効果が最大限に発揮できるのは、消してしまった(あるいは消えてしまった)直後の記録状態のまま復元作業にとりかかるのが理想なのですが、厳密にそんな最良の条件で作業に取りかかれる依頼はかなり少ないものです。

実際に、なんの前触れもなくいきなり消えてしまった場合などは、まずその事態が信じられずに慌てて試し撮りしてしまうこともごく当然の行動です。

ネット上の情報などの中には「ほんの少しでも上書きしたら全て復元の可能性がゼロになる」と誤解させるような記載もよく見かけますが、実際には完全に無理という事のほうが少ないものです。

しかしながら、上書きが発生したあとの復元作業は単純作業だけでは効果があがらず、個々のデータ痕跡を追跡していくような地道な作業も必要となってくるため、専門的なノウハウが非常に重要となってきます。

ですが、上書きの程度が少ない状態であれば高い割合でデータを救出することが可能ですので、諦めてしまう必要はありません。

上書き後のデータ救出には:株式会社パソコントラブル救助隊

データが消えた時にしてはいけない事

デジカメやスマホに使用しているメモリーカードで、突然にデータが消えてしまった時でも、基本的には元のデータを救出できる可能性は充分に残されています。

ですが、元のデータを少しでも多く救出するためには、できる限り消えた時の状態をキープしたままにしておくことが重要になってきます。

例えばパソコンに接続されている状態であれば、再起動時に自動的にエラー修復作業がスタートしてしまう場合があります。ですが実はこの作業で元のデータが戻ってくる可能性は極めて低く、また新たなチェックファイルを大量にカード側に書き込んでしまうために、上書きによるデータ破損が大幅に進行してしまうことがあります。

そのため、自動修復が始まった時にはできる限りキャンセルするのが賢明であり、もっと言うならばカードを差し込んだままの状態でPCの再起動は絶対に行わず速やかにカードを取り外しておくのが、1枚でも多くのデータを取り戻すために大切な条件となります。

仮に自動修復を行ってしまったあとなどであっても完全にダメになってしまっているわけではありませんので諦める必要はありませんが、弊社にお寄せ頂く際にはできる限り状況を正確に把握するためにも、事前にお知らせ頂ければ幸いです。

自動修復に失敗したカードの復元には:株式会社パソコントラブル救助隊

ウイルスによるデータ消失

データ消失全体からみると割合としては少ないものの、写真データ消失の一因としてまだ顕在なのが、コンピュータウイルス感染によるデータ消失です。

弊社に寄せられる案件の中でも時折みられるもので、主にパソコンなどにカードを差し込んだ際に感染してしまうものが多いようです。

ウイルスの挙動は様々ですが、写真データを改変してしまうものや、カード内のデータを消去してしまうもの、あるいはネット接続を利用してデータを第三者などに送信してしまうものなどもあり、個人情報が流出するなどの実害も考えられるので充分な注意が必要です。

ご利用のパソコンでのウイルス対策ソフト導入や最新版への更新を怠っていると、カードやネットを介しての感染の危険があるので最近では対策率もあがってきてはいますが、逆にカード内の写真データにウイルスが感染していると、対策ソフトの動作により自動的に必要なデータまで削除されてしまうといったケースもあることから、カードをご自身の利用機器以外(例えば職場のPCや知人のPCなど)に接続した後などは、非常にデータ消失のリスクが高まっていると考えたほうがよいと思われます。

昨今のウイルスの特性としては、利用者に存在を気づかせないという前提で作成されているものが殆どであるために時間のかかる作業は行わないものが殆どとなります。
そのため、仮にウイルス起因により写真データの消失や改変が発生しても、元のデータを救出できる可能性は充分に残されているので、慌てずにまずカードをPCやデジカメ・スマホ等から取り外した状態で保管し、PCのウイルス対策を確認することが被害防止の第一歩となります。

ウイルス感染からのデータ救出は:株式会社パソコントラブル救助隊

全国の写真店様からも承っております

写真データの救出作業については個人のお客様からのご用命が半数を上回っておりますが、その他としましては全国の写真店様からも大変ご好評を頂いております。

特に地元密着の写真店様には、それぞれのお得意様からの相談も寄せられることが多いかと思われますが、最近ではデジカメのトラブル相談も増加していると伺っております。

そのため、写真店様より代理でご用命頂く機会も増えておりますが、リピート需要の際にはサービス対応なども実施しておりますので、お気軽にご相談頂ければ幸いです。

写真店様からのご相談も承ります:株式会社パソコントラブル救助隊