上書きしてしまった場合でも

本来、データ復元の効果が最大限に発揮できるのは、消してしまった(あるいは消えてしまった)直後の記録状態のまま復元作業にとりかかるのが理想なのですが、厳密にそんな最良の条件で作業に取りかかれる依頼はかなり少ないものです。

実際に、なんの前触れもなくいきなり消えてしまった場合などは、まずその事態が信じられずに慌てて試し撮りしてしまうこともごく当然の行動です。

ネット上の情報などの中には「ほんの少しでも上書きしたら全て復元の可能性がゼロになる」と誤解させるような記載もよく見かけますが、実際には完全に無理という事のほうが少ないものです。

しかしながら、上書きが発生したあとの復元作業は単純作業だけでは効果があがらず、個々のデータ痕跡を追跡していくような地道な作業も必要となってくるため、専門的なノウハウが非常に重要となってきます。

ですが、上書きの程度が少ない状態であれば高い割合でデータを救出することが可能ですので、諦めてしまう必要はありません。

上書き後のデータ救出には:株式会社パソコントラブル救助隊