データが消えた時にしてはいけない事

デジカメやスマホに使用しているメモリーカードで、突然にデータが消えてしまった時でも、基本的には元のデータを救出できる可能性は充分に残されています。

ですが、元のデータを少しでも多く救出するためには、できる限り消えた時の状態をキープしたままにしておくことが重要になってきます。

例えばパソコンに接続されている状態であれば、再起動時に自動的にエラー修復作業がスタートしてしまう場合があります。ですが実はこの作業で元のデータが戻ってくる可能性は極めて低く、また新たなチェックファイルを大量にカード側に書き込んでしまうために、上書きによるデータ破損が大幅に進行してしまうことがあります。

そのため、自動修復が始まった時にはできる限りキャンセルするのが賢明であり、もっと言うならばカードを差し込んだままの状態でPCの再起動は絶対に行わず速やかにカードを取り外しておくのが、1枚でも多くのデータを取り戻すために大切な条件となります。

仮に自動修復を行ってしまったあとなどであっても完全にダメになってしまっているわけではありませんので諦める必要はありませんが、弊社にお寄せ頂く際にはできる限り状況を正確に把握するためにも、事前にお知らせ頂ければ幸いです。

自動修復に失敗したカードの復元には:株式会社パソコントラブル救助隊